お久しぶりです!工房だより6回目ですね。

梅雨明けと共に、いよいよ暑い夏がやってきました。

熱中症にはご用心です。

 

さて、今日はもの言わぬパーツ「ナット」についてお話させていただこうと思います。

時間が空いたので、その分今日はボリュームたっぷりです、ごめんなさい。。。

 

 

では、まずナットは何なのかをお伝えしておきましょう。

ナットは指板とペグボックスの間にあるパーツで、枕のように弦をのせている部位です。

写真でお見せすると、こんな感じ。

 

 

 

さて、この写真をよぉ〜く見てみてください。

お気づきの方もいると思いますが、A線の巻き線(表面をぐるぐる巻いている線)が寄ってしまい、隙間があいているのがお分かりになりますでしょうか?

 

これは、ナットの溝とA線の径(太さ)が合っていないことが主な原因として挙げられます。

更にじっくりと写真を見ていただきたいのですが、A線の溝は向かって左側斜め上に進んでいるように見えませんか?

他の溝も同様に、D線は弦の直径よりも幅の広い溝が、こちらは斜め右上に進んでいますし、G線の溝も広く削られているのが確認できると思います。G線はスチール弦代用なのでナイロン弦だとちょうど良くなるかもしれませんけれど。

本来は、それぞれのペグへと滑らかに弦が進んでいくように溝が切られているのが理想です。

 

 

写真のような感じで、ナットの溝がしっかりと調整されていないと断線の原因になってしまいます。

この状態で調弦をすると、弦はこの滑らかでない溝の中を行ったり来たりすることになり、やがて巻き線がほつれ、切れてしまいます。

ナットは黒檀(エボニー)という堅い木を使っていますが、弦は金属で覆われているので、ある意味のこぎりが木を切るように、段々と溝を深くしてしまうのです。

写真のようにほつれた弦では、のこぎり効果は増しますので、溝がどんどん深くなっていくことになります。

滑りを良くするために、鉛筆で優しく溝をなぞってから弦交換をしたいですね。

 

 

溝が深くなると余計に弦への負荷がかかることになり、新品の弦を張ったのにすぐ切れる、ということが繰り返し起きるようになります。

今までは何ともなかったのに、張って直ぐに新品の弦が切れた場合は、一度まず自分でナットの溝をよく観察してみると良いと思います。

今まではそんなに深くなかった溝が、のこぎり効果でいよいよ深くなってしまったのかもしれません。

弦の切れた場所がナットやペグボックス周辺の場合は、ナットを疑ってみましょう。

 

 

もし、溝が深いとか変な方向に進んでいるのが認められた場合は、お近くのお店や工房へ持ち込んで詳しく点検をしてもらうと良いでしょう。

毛替えへ訪れた際に、よく「一緒に楽器も見ておきますね!」という声を聞いたりしますが、なかなかナットまでしっかりとチェックしてくれるところは少ないように感じます(あくまで主観です)。

弓を受け取るときに「楽器は問題ありませんでしたよ」の声を鵜呑みにせず、もし可能であれば「ナットの溝は問題ありませんか?」と聞き返してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

さて、先程の楽器のナット交換をした写真が下の写真です。

 

 

ここから仕上げの磨きと微調整をするのですが、いかがでしょう、弦の両サイドに溝は広がっていませんし、弦も滑らかにペグボックスへ入り込んでいるのがお分かりいただけると思います。

 

ナットは、本当に何も言ってくれないパーツです。

駒のように指板側へ倒れてくることもありませんし、ペグのように固くなったり緩くなって戻ってしまったりしてくれません。

ただずっとそこにいて、弦の末端を静かに支えてくれているところなんですね。

でも、溝が深いとか斜めに入っているなど、正しく調整されていないのを、ナット本人はなかなか訴えてくれません。

訴えてくれるのは、弦が切れたときなのかもしれませんね。

 

人間でいうと肝臓や膵臓のようなところとも言えそうです。

でも、これらの臓器とは違って交換は簡単に行えます!

 

夏の演奏会シーズンや学校の試験時期だと思いますので、一度お近くのお店や工房へ点検へ出掛けてみてはいかがでしょう?

フェルマータ工房では、無料で点検を行っております。

ナット以外にも、心配な点やチェックしてほしい所がある場合は、お気軽にご来店ください!

 

 

ではまた次の工房だよりでお会いしましょう!

 

 

 

フェルマータ工房

TEL 0335577480

住所 練馬区栄町41-12

営業時間 10:00〜19:00

定休日 月曜日、第2・4日曜日

 

 

 

お久しぶりです、工房だよりが1ヶ月半ぶりの更新となってしまいましたが、今日はペグの動きについて書いていきます。

 

と、その前に。

現在、フェルマータ工房では、

 

毛替えをしていただくと、革巻きの無料交換サービス実施中です!!

 

 

今月いっぱいまで、残りわずかですので、革巻きが削れてきている方、違う色の革を巻いて、気分を一新したい方は、是非ご利用ください!

夏のコンサートシーズンの前に、毛替えと革巻きが一気に交換出来てしまうスペシャルな企画です。お見逃しのないようにっ♪

 

 

 

 

 

 

さて、東京は梅雨真っただ中で、先週末は雨が続き、今日は蒸し蒸しと晴れています。

このように天候・気温が安定していないと、楽器自身も体調管理が大変そうです。

 

一番顕著に症状が現れるのが、ペグではないでしょうか。

湿度が高い日が続くと、木材は膨張するのでペグが固く回りづらくなってきます。

回しづらいペグは調弦するのにストレスですよね。

 

もし、ペグを回していて「カキカキ」と音がするようであれば、是非ペグコンパウンドを使っていただきたいと思います。

フェルマータ工房では、ラペラのペグコンパウンドを使用して、回しの固さを調整しています。

 

 

https://www.soundscape-net.com/?pid=88637647

 

 

 

コンパウンド自体の色が薄いため、塗るとほぼ透明になってくれる優れものです。

柘植のペグを使用している方は、黒くならないのでおススメです!

ペグの回し辛さ・調弦のし辛さを感じた際には、ぜひ一度お試し下さい。

 

また、工房フェルマータでも、ペグの調整・修理を承っておりますので、ぜひお問合せ下さい。

ペグコンパウンドを塗るだけであれば、10〜15分程度でお渡し可能です。

 

http://violin-fermata.tokyo/

 

 

ご覧頂きまして誠にありがとうございました。
次回の工房便りをお楽しみに!

 

 

紫陽花が雨に映える季節となりました。しばらくは梅雨冷えの肌寒い日や蒸し暑い日もありますので、体調を崩されませんよう気をつけてくださいね。

 

さて、弊社「SoundScape」では、弦楽器専門ウェブストア以外に、東京都練馬区にバイオリン工房とレンタルスタジオ「フェルマータ」を運営しております。レンタルスタジオではプロの声楽家、バイオリニスト、ピアニスト、などなど数多くの演奏家さんにもご利用いただいております。

 

北里楽器ホームページ:レンタルスタジオ「フェルマータ」

 

 

レンタルスタジオ「フェルマータ」では、個人レッスンに最適な約7~8畳の小スタジオ2室と、個人練習やカルテットはもちろんのことリハーサルや発表会、リトミック教室、コンサートなども行なえる 約30畳程の大スタジオが1室ございます。

 

 

今回の6月限定キャンペーンでは、約30畳の001スタジオをお得にご利用いただけるイベントを行います。

 

 

通常スタジオ料金が1時間 約3,000円前後するところ、平日限定で 1時間 1,900円 でご案内いたします。

 

仮にこのキャンペーンを5人で2時間利用した場合、スタジオ代 2時間で3,800円(通常6,000円前後) 一人当たり「760円」です。この広さ・設備でこの価格は魅力的ですよね。

 

【設備】ピアノ YAMAHA C7、大型エアコン、空気清浄機、折り畳み椅子 約40脚 、折り畳み譜面台 23台

 

大人数でのご利用も可能な約30畳のスタジオですが、個人練習で本番をより意識した練習をしたい時、他では 朗読会、英会話教室の会場、企業説明会、会議など 音楽だけではなくご活用していただけたらなと思っております。

 

ぜひ、皆さまのご利用心よりお待ちしております。

 

 

【001スタジオ・通常料金】

【10:00〜12:00】一般料金(税込)¥3,080/1時間・会員料金(税込)¥2,560/1時間

【12:00〜18:00】一般料金(税込)¥3,490/1時間・会員料金(税込)¥3,100/1時間

【18:00〜21:00】一般料金(税込)¥3,730/1時間・会員料金(税込)¥3,210/1時間

 

6月限定!平日限定!会員様のみ30畳のスタジオを、どのお時間帯でも1時間1900円でご利用可能にさせていただきます。

※ 会員登録 (永久会員) 別途 500円。

 

 

ご予約の際は、『スタジオキャンペーン利用』とスタッフまでお伝えください!

※ 必ず担当者にお伝えください。お伝えいただけない場合は通常料金とさせていただきます。

 

ご予約のお電話は : 03-3557-7480

 

 

レンタルスタジオ「フェルマータ」
電話番号:03-3557-7480
営業時間:10:00〜21:00
定休日:毎週月曜日
住所:東京都練馬区栄町41−12
※ 週末は稼働状況により、早めにスタジオを閉める事もございます。