毎日暑い日が続きますね。

高校野球全国大会が始まり、夏真っ盛りといった感じです。

台風も沢山日本へやって来ていますので、予想進路にお住いの皆さんはお気を付け下さい。

東京は台風10号がお盆休みの始まりと重なるかもとのことで、ちょっと心配です。

 

 

さて、今日は膠(ニカワ)のお話です。

膠は天然由来の接着剤。

ヴァイオリンではそれぞれのパーツを接着するために使われています。

 

ゼラチンが主成分で、と書くと料理好きの方にはピンとくるかもしれません。

そうです、コーヒーゼリーなどを作るときに使うゼラチンとほぼ同じものと思って構いません。

つまり、ニカワは熱や蒸気で溶けてしまうものなのです。

 

 

ここ数日、楽器の剥がれ修理依頼が続いています。

ひとつはチェロの横板と裏板の剥がれ、もうひとつ指板がネックから外れてしまったという事例です。

 

 

 

 

 

 

 

幸いにも共に大きな被害は無かったので、クリーニング等の下準備をしたのち、再接着をして無事に元通りになりました。

お二人とも楽器を直射日光の中に放置するなどしていたわけではありません。

通常利用をされていて、ケースを開けたら指板が外れていた、久々に弾こうと思ったら異音がした、というものです。

自分の楽器は大丈夫と過信しないで、温度(熱)や屋外・車での移動の際には十分注意して楽器を扱いましょう。

 

 

 

 

 

 

ということで、夏の膠剥がれを防止するために、特に注意していただきたいのは移動時間です。

何度も書いているかも知れませんが、車で移動する際にトランクに入れてしまうのはご法度です。

エアコンが効いた車内後部座席であっても、ケースへ直射日光が当たるのは避けましょう。

(直射)日光には赤外線も含まれていますので、ケースをすり抜けて楽器を暖めてしまうことになるからです。

 

これはケースを背負って移動中にも言えることです。

ご来店されたお客様の楽器点検を行うために、楽器を手に取るとほんのり温かくなっていることもあります。

膠だけでなく、ニスが溶け出すこともありえますよ。

もちろん、前回の工房だよりで書いたように、松脂も簡単に溶けてしまうことは想像できますよね。

 

大切な楽器ですので、夏の陽射しには十分に注意して楽器の管理と持ち運びをお願いしたいと思います。

もし、楽器から異音がし始めたとか、残念ながら膠が剥がれてパックリと口を開けているのを発見してしまった場合は、焦らずに、そしてその部分を触らずに、楽器をお近くの楽器店や工房へ速やかに持っていきましょう。

 

もちろん、フェルマータ工房へお越しいただいても構いません。

剥がれていないか心配なのでチェックしてほしいという場合も是非!

 

場所はコチラの地図をご参考下さい。

 

 

ではこの辺で第8回の工房だよりを終わりたいと思います。

素敵な夏休みをお過ごしください。

コメント
コメントする