ヴィオラのナット交換です。

A線の溝が深くなりすぎてしまい、弦が指板に当たってノイズが出てしまう症状を解消させます。

 

同じくD〜C線も深くなっています

 

 

ナット材(黒檀)を接着しました

 

 

成形→溝入れ→弦交換

 

 

今回の楽器は、ナットとネック・指板との接着面が綺麗に平面が出ていなかったので、ナット交換後の音質と音色が驚くほどに改善してくれました。反応も早くなり、芯のある音になっていると思います。ノイズも消えて、音も改善、弦ほつれの心配もなくなって、一石三鳥ですね。

 

弦がナット付近で切れる場合は、ナットの溝に問題があるかも知れません。今まで切れたりしなかったのだからと思ってしまいがちですが、一度お近くの楽器店や工房でナットの点検をしてもらうと良いかもしれませんね。

 

では次回の工房だよりでお会いしましょう。

 

 

 

コメント
コメントする