関東はいよいよ梅雨らしい天気が続いてくるようになりました。
ダムの貯水率も気になりますが、楽器ケース内の湿度も気になってきますね。

今日は先日入荷してきたバイオリン弓のご紹介です!

Martin Jean-Josephのバイオリン弓(鑑定書あり)
プロファイルは、72.9cm/59.5ℊ(入荷時)です。



横からの写真では判りづらいですが、独特のフロッグ(毛箱)の形をしています。

これは「ヴィヨームスタイル」といい、名前の由来ともなったヴィヨームによって考案された形状のひとつです。

フロッグの底面が球面をしていて、フェルール(金属の輪っか部分)もそれに合わせて楕円形をしています。

また、フロッグと弓との接地面も半円をしているのが特徴です。

 

ヴィヨームの工房で製作された弓や、彼から教えや影響を受けた製作家(J.J.Martinもその一人です)がこのスタイルで弓を製作していることがあります。
また商品紹介のページで詳しく紹介させていただければと思います。

致命的な割れ・欠けや、大きな修理跡は見られません。
健康状態は、経年を考えてみても綺麗な弓でしょう。


印象は、独特のコシがあり最初は戸惑うかもしれませんが、大変良く響いてくれる弓でした。
パワフルにグイグイ弾きたい方にはオススメです。

もちろん試奏も可能ですので、この弓に興味を持った方や、一度弾いてみたいという方は是非ご連絡下さい。
お待ちしております♪♫♪♬

フェルマータバイオリン工房
練馬区栄町42-12
電話0335577480

コメント
コメントする