無料クラシック音楽情報誌「月刊 ぶらあぼ」
の2月号が入荷致しました♪



今月の表紙は、テノールの錦織健。

今年も来日オペラ&国内団体によるモーツァルトの名作オペラの上演が相次いで行われるが、なかでも要チェックなのが、テノールの錦織健がプロデュースする《後宮からの逃走》。
青年モーツァルトの異国情緒あふれる傑作に、佐藤美枝子や市原愛ら実力派の人気歌手が挑む。
もちろん錦織健も主人公ベルモンテ役で出演。ストーリーも明快で面白く、台詞の部分は日本語なのでオペラ初心者の方も楽しめることうけあい。早春にふさわしい公演だ。

作曲家の挾間美帆のインタビューも掲載されています。
お近くの方はお気軽にお立ち寄りください(^^)

本日は、ピラストロのバイオリン肩当て「KorfkerRest」のご紹介です。



メイプル材を使用し、ひし形にくり抜きされているため、
音抜けが非常に良く、楽器本来の響きの邪魔をしないのが最大の魅力です。

約33gと非常に軽く、ボリュームもしっかり出ます。
脚の高さ・角度共に調整可能。
また、木製でありながら両手で力を加えるとアーチの角度も変えられます。

昨日遠方からご来店いただいたお客様も、こちらの肩当てをお試しになりご購入されました。

詳しくは→ピラストロ バイオリン肩当て 「KorfkerRest」

今の肩当てが合わないだけでなく、音やボリュームに対しても何か悩まれている方、
是非店頭でご自分の楽器で肩当てをお試しください。

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。
素敵な1週間をお過ごしください。
コメント
コメントする