ギターの指板はバイオリンの指板のように、凹みがない上に、

フレットというでっぱりがあるので、ビビり音をとるのは大変ですね^^;

ギターも奥が深いなぁと思います…

以前は弦楽器製作もやっていたので丸のみもあるのですが、修理や毛替えに使うのは、主に平のみです。

更に刃幅が狭いものが2本ありまして、色々使い分けております。

私ののみは、この仕事を始めた当時の師匠が、京都の鍛冶屋さんに特注で頼んで下さったもので、

グリップが短めで丸いので、力も入れやすく扱いやすく、そして勿論刃の切れ味も良いので、

留学時代、人に貸すと評判が良かったです^^;

ただ、Liuteria(弦楽器製作や修理一般を指すイタリア語です)の右も左も分らない頃は、

研ごうとしてグラインダーで削りすぎたり、作業中に端を折ってしまったり…

まだこの業界に身を置いて間もなかった頃の私には、身の程を過ぎた買い物だったかな…とも(苦笑)

これから一生、大事に使いこんでいこうと思います。

こんばんは。

 

今日は楽器の内部がどんな風になっているかをご紹介。

チェロの中をエンドピンの穴から覗くと、こんな感じに見えるんですよー!

 

 

ヴァイオリンと違って、横板の厚み(高さ)があるので、地下神殿みたいに見えますね。

首都圏外郭放水路もこんな感じなのかなぁ〜。なんて。

 

魂柱とバズバーの位置にも注目してください。

中心からほぼ同位置にいるのが判りますか?

これに加えて、この上にいる駒足とのバランスで、楽器の音は大きく変わってくるんですねぇ。

その辺の話はおいおい。

 

また面白い写真が撮れたらご紹介していきま〜す!!

 

接着中です!!

剥がれがありますと、異音の原因や音が響かないなどの原因になります。

定期的にチェックしてみましょう♪

毛替えご依頼のお客様に革巻き無料交換キャンペーンが、おかげ様でご好評いただいておりまして、

少なくなってきていたカナダ産馬毛を、新しく仕入れ致しました!!

今回のものも、なかなか質が良さそうです♪

コントラバスは、弦を緩めたり張ったりするのだけでも一苦労ですね^^;

コンバスのマシンヘッドは、個人的には、スチームパンクのようなねじ感(?)が好きです(笑)

 

とある学校さんから、ギターの修理が沢山来ました♪

沢山あると、ギターの森のようですね。

ギターの修理と言うと、私はスペインの弦楽器工房で働いていた頃が

懐かしく思い出されます…

職人・中尾もギター弾きなので、沢山のギターが並んでいると嬉しそうです(๑❛ᴗ❛๑)

先日の、ちょっと説明文だらけのブログ記事の、今回は補足説明です^^;

 

 

黒い飾り糸の弦(A線)が、上から2番目のペグ(D線のペグ)のところで、不自然に折れ曲がっているのが判りますでしょうか?

本来ですと、弦はまっすぐに上ナットからペグへと伸びていく筈が、D線のペグがぶつかって邪魔をしているので、こんな風になってしまうのです…

また、調弦のたびに、摩擦によってアルミの巻きがほつれてきているのも見て取れますね。

このままの状態が進むと、弦がそこから切れやすくなったり、ペグが回りにくく調弦も合いづらくなってきます…

この状態が、前回の記事のような、ブッシングという修理をした方が良いケースです。

 

 

因みに、こちらが理想の状態です。

黒い飾り糸の弦(A線)、ピンクの飾り糸の弦(D線)共に、どのペグにも当たっておりません。

 

 

よくペグボックス内で弦が切れるような気がする…という方、こちら要チェックです!!

 先日、ご依頼をいただきました修理です。

糸巻箱の中で、A線の弦がD線のペグにぶつかっており、調弦のたびに弦が上下し、摩擦で弦が擦り切れ断線する、という問題が進んでおりました。

この度、D線のペグ穴を一回塞ぎ、再度、やや下方に、新たにペグ穴を開けなおす事により、D線のペグとA線の弦が当たる事がなくなるように、【ブッシング】という作業を進めて参ります。

この状態は少し厄介で、ペグと弦の摩擦で、その部分から弦がほつれて切れやすくなるという現象は勿論、A線の弦の張力が邪魔をしてD線の調弦がしにくい、またはすぐにD線のペグが緩んできてしまう、という現象なども付随してきます。

今回のようにD線のペグとA線の弦に限らず、E線のペグにD線の弦が当たる、またはE線のペグにA線の弦が当たる、というケースもございます。

ちょっと文章にするとイメージしずらくて、何が何やら…という感じではございますが、また参考になる画像がありましたら、アップしたいと思います。

 

 「しょっちゅう、ペグ側の飾り糸の辺りで弦が切れて…」という方、一度、その付近を点検された方が宜しいかもしれません。毎回弦を新しくしていたのでは、積もり積もって、結構な額に上ってしまいます…。勿論、当工房での点検は、いつでも無料です♪お気軽にご相談下さい^^

 

既に1月も半分過ぎてしまいましたが、2017年が始まりました!

今年もSoundScapeならびにフェルマータ工房をよろしくお願い申し上げます。

 

先月行なった冬の大感謝祭は大好評でした。

ご利用いただいた皆さん、どうもありがとうございました!

 

 

特に反響が大きかったのが「モンゴル毛替え特価2,900円!」でした。

通常は4,500円(共にVnです)のところを、破格の2,900円でご奉仕させていただきました。

工房には常時毛束を潤沢に用意していますが、あれよあれよという間にモンゴルの毛が無くなっていったのが印象的でしたね。

 

もしかしたらまた開催するかも知れませんので、今回のチャンスを逃した方は次回はお見逃しなく!

メルマガの登録をすると、セールやキャンペーンのお知らせが配信されますので安心ですよっ♪

 

 

そんな訳で、かろうじて撮っていた写真を少し紹介させていただきます。

 

 

 

フロッグの中や、弓先の穴がどうなっているのかを、初めて見る方も多いのではないでしょうか?

フロッグの穴は長方形で、弓先は台形に穴があいています。

ここにピッタリと合う詰め木を入れて毛束を固定していくんですよ。

 

 

さらに、フェルマータ工房ではこんな毛もご用意させていただきました!

 

※人間の髪ではありません、ご安心ください。

 

 

コントラバス弓で使っている演奏家さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

黒い馬毛を仕入れてみました。

 

コントラバスやチェロなどで、弓の引っ掛かりが欲しいというプレーヤーさんは、黒毛を使う方もいらっしゃいます。

もちろんヴァイオリンやヴィオラでも問題なく使用できますよ。

N響のまろさんが黒毛の弓で演奏しているのを見たことがあるくらいですから。

 


試しに黒毛へ毛替えをした写真を載せておきますね。

 

 

 

 

見慣れていないので違和感がありますが、松脂を塗るとグレーっぽく少し色が軽減されます。

弦への食いつきは流石でした。

オケの中でただ一人というのは浮いてしまうかもしれませんが、セカンドBow用や個人で練習している方は一度試してみてはいかがでしょう?

試奏も受け付けていますので、興味を持たれた方はご連絡ください。

 

 

今年も魅力的な商品を沢山ご紹介できるように頑張りますので、SoundScapeをどうぞよろしくお願いします。