こんにちは。

ニクレスク氏所有の楽器紹介も3回目になりました。

 

前回はフレンチ弓を2本Pick upしましたが、今日は同じチェロ弓からドイツの弓を2本紹介します。

 

 

C.Hans-Karl Schmidt (Vc)

 

 

 

丸弓・牛骨。81.6g(実測)

商品詳細は→ SoundScape C.Hans-Karl Schmidt

 

 

弓が弦に触れた瞬間から、この弓が持つ高いポテンシャルを感じることが出来ます。苦も無く音が紡ぎ出されてくる操作性は、演奏表現に集中させてくれますし、演奏の可能性を更に広げてくれます。フォルテがフォルテに、ピアノがピアノに出せる弓はなかなか見つからないと思います。ドイツらしい几帳面で正確無比なチェロ弓です。

 

 

C.Hans-Karl Schmidt

シュミットは、叔父のKurt Dollingより1955年から3年間、弓製作の手ほどきを受け、その後も数年に渡りEmil Kuhnlの工房をはじめ各地をまわって修行に励みます。1961年にスイスへ渡り、フィンケルらの工房でも働きました。1963年にドイツへ戻ると、マルクノイキルヒェンのマイスター試験に合格し、1974年にはドレスデンに移って自身の工房を構え、現在に至ります。初期のシュミット製作の弓カーブは、伝統的なマルクノイキルヒェン弓の特徴がみられますが、その後はヴォアランやE.サルトリーなどフレンチ弓の影響がみられるようになり、FX.トルテモデルの弓を多く製作しています。ドレスデンに移ってからは、L.BauschやH.Buttonのテンプレートを使用したドイツ弓モデルを製作するようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

Paul Weidhaas (Vc)

 

 

角弓・黒檀・82.8ℊ(実測)

商品詳細は→ SoundScape Paul Weidhaas

 

この弓は、音がパチッと出てくるスイートスポットを探すのが楽しい弓です。コシもありパワーがあるので、輪郭のある締まった音を引き出せますよ。楽器の個性や張られている弦の種類にもよりますが、特にA/D線ではとても良い仕事をしてくれると感じました。

 

Paul Weidhaas (1894-1962)

14歳の頃から、父であるWeald Weidhaasの工房で弓政策の基本を教わり、24歳でハンブルグのマイスター試験に合格。その後、父の工房を引き継ぐとともに、本格的に弓製作を始めます。30代の頃には弓製作の知識や技術向上を目指し、世界をまわって技術向上をはかっており、パリではフェティークやバオシュに学び、彼らの工房でも働いています。20世紀中盤の最重要Bowメーカのひとりと言って良いでしょう。スイスの名工フィンケル社のSeigfried Finkelは彼の養子です。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

チェロ弓を2回に渡って紹介してきましたが、ニクレスク氏の好きな弓のタイプが判るような気がします。フレンチ、ドイツの両方とも、ニュートラルにどんな要求にも応えてくれる上質な弓と、力強さを備えた弓がそれぞれあったのは大変興味深いところです。丸弓2本と角弓2本が同じような性格だったところにも興味を惹かれました。

これはあくまで私の試奏の感想ですので、皆さんにも4本を試奏していただき、どんな感想と印象を持たれるのかを伺ってみたいですね。

 

今回紹介したチェロ弓は全て試奏が可能です。ニクレスク氏所有のチェロで試奏したら、気分はミラノ座の首席チェリストですよっ♪

沢山のお問い合わせと試奏予約をお待ちしております。

 

お問い合わせは、電話0335577480もしくは、問い合わせフォームからどうぞ。

もちろんコメントからでも可能ですが、この場合は個人情報の記載にご注意ください。

 

 

まだまだ続きます!

次回はド級の逸品のご紹介です、お楽しみに!!

さぁ、今回は第2弾。

前回は、チェロをご紹介しましたので、今回はその相方であるチェロ弓を複数本ご紹介します。

1回目をご覧になっていないかたはコチラからどうぞ。

 

 

やはり弓といったらフレンチですね。

という訳で、ニクレスク氏が実際に使用していたフレンチ・ボウを2本Upさせていただきます。

 

 

Charles Nicolas Bazin (Vc)

 

 

丸弓・黒檀フロッグ・80.8g(実測)

商品詳細は→ SoundScape C.N.Bazin

 

弓製作の本場、ミルクールで製作された、バザンの逸品です。

弦に吸い付きながら、なめらかに滑って行くのは流石ですね、安心感が違いますし演奏に集中できます。

芯がブレず暴れないので、スピッカートなどもお手の物でしょう。

甘美で艶のある音色を引き出してくれる、最高級フレンチ・ボウといえます。

 

 

C.N.Bazin(1847-1915)

19世紀中盤〜20世紀初頭にかけて活躍した弓製作者で、フランス製作の歴史において欠くことの出来ない重要人物です。弓製作の本場ミルクールで生まれた彼は、12歳の頃から父の工房で助手として働き、成人前には父の死をきっかけに工房を引き継ぎます。3男のC.L.BazinやV.フェティークなど、多くの才能ある弟子を育てるとともに、楽器製作学校の設立のために奔走するなど、弦楽器職人の地位向上にも努めており、その功績は計り知れません。

 

 

 

 

Joseph Aubry (Vc)

 

 

 

角弓・牛骨・81.7ℊ(実測)

 

商品詳細は→ SoundScape Joseph Aubry

 

健康的で、非常に元気な弓という印象です。

コシもしっかりしていて、快活で勢いのある若者な感じがします。

力強さを備えているので音量が非常に出ますし、メリハリや輪郭がしっかり出てきます。

パワーのある楽器や、エヴァ・ピラツッィ弦との相性が良さそうな気がしました。

 

 

Aubry Joseph(1873-1937)

ミルクール生まれ。家具製作の見習いをしていたが、19歳で楽器製作へ転身。その後、精力的に修練と製作を続け、パリ市やメス市主催のコンクールでは賞を獲得するまでに成長。J.T.LamyやMarc Laberte(ラベルテ)の工房では、職工長を務めるまでにその腕を上げ、1926年よりLe Havreで製作活動をスタート。

今回紹介する弓は、かれがそのLe Havreに居た頃に製作されたチェロ弓です。

 

 

同じフレンチ弓、しかも時代がほぼ同じ時期のものですが、性格は対照的で非常に興味深いものがあります。

製作家の哲学や研究が垣間見える気がしますね。

この2本の弓、ぜひ皆さんも弾き比べに来てください!

江古田のバイオリン工房フェルマータでご用意をしてお待ちしています♪

お電話は0335577480まで。

 

 

次回はニクレスク氏のチェロ弓を更に2本、今度はドイツマイスター弓を紹介させていただきますので、お楽しみにっ!

今日は暑いですね、、、。

 

楽器の管理は大丈夫ですか?

窓際に置きっぱなしになっていませんか?

車の後部座席はエアコンが効いていても要注意。

ケースに直射日光が当たっているのは危険です!

 

太陽からは赤外線も出ています。

赤外線はケースを透って楽器を温め、最悪の場合はニスを溶かしてしまいます。

カーテン(最近はカーテンのある車は少ないですね)やブラインドなどを使って、ケースにも直射日光が当たらないように注意しましょう。

 

 

さて、本日は先日入荷してきたバイオリン弓を紹介します。

 

Charles Nicolas Bazinのバイオリン弓(鑑定書あり)

プロファイルは、73.4cm/60.7g(入荷時)です。

 

 

 

 

1900年前後にフランスのミルクールで製作されたとあります。

100年ほど経っていますが棹部分の状態は非常に良く、先端や柄の摩耗も見られません。

健康状態が非常に良いフレンチBowです。

 

試奏の印象は、発音スピードが早く1mmも動かしていない内から、しっかりと音が出てきます。

タイムラグが無いのはストレスレスで良いですね!

弾いているのが楽しくなるVn弓でした。

 

試奏可能ですので、興味のある方は是非ご連絡ください。

 

スタジオフェルマータ

0335577480まで♪♫

 

関東はいよいよ梅雨らしい天気が続いてくるようになりました。
ダムの貯水率も気になりますが、楽器ケース内の湿度も気になってきますね。

今日は先日入荷してきたバイオリン弓のご紹介です!

Martin Jean-Josephのバイオリン弓(鑑定書あり)
プロファイルは、72.9cm/59.5ℊ(入荷時)です。



横からの写真では判りづらいですが、独特のフロッグ(毛箱)の形をしています。

これは「ヴィヨームスタイル」といい、名前の由来ともなったヴィヨームによって考案された形状のひとつです。

フロッグの底面が球面をしていて、フェルール(金属の輪っか部分)もそれに合わせて楕円形をしています。

また、フロッグと弓との接地面も半円をしているのが特徴です。

 

ヴィヨームの工房で製作された弓や、彼から教えや影響を受けた製作家(J.J.Martinもその一人です)がこのスタイルで弓を製作していることがあります。
また商品紹介のページで詳しく紹介させていただければと思います。

致命的な割れ・欠けや、大きな修理跡は見られません。
健康状態は、経年を考えてみても綺麗な弓でしょう。


印象は、独特のコシがあり最初は戸惑うかもしれませんが、大変良く響いてくれる弓でした。
パワフルにグイグイ弾きたい方にはオススメです。

もちろん試奏も可能ですので、この弓に興味を持った方や、一度弾いてみたいという方は是非ご連絡下さい。
お待ちしております♪♫♪♬

フェルマータバイオリン工房
練馬区栄町42-12
電話0335577480

今日はイタリアラベルのバイオリン2挺と

モダンオールドバイオリン弓 サルトリーが入荷したので試奏を行いました。

先日ブログでもご案内したシャルル・ペカット

その弟子であるユージン・サルトリー。

ユージン・サルトリー バイオリン弓ユージン・サルトリー バイオリン弓ユージン・サルトリー バイオリン弓

過去にお客様にご提供させていただいので、大体の特徴は掴んでいる。

優れた操作性と力強い音質。


まず、RAFFINの鑑定書から目を通し

スティック:73.1cm

製作:1900年 を確認。

重さは記載ないので、秤で計測 60.6g。

バランスのとれた弓です。

1900年を調べると、サルトリーはその年 パリ国際コンクールで金賞を取っている。

丁度よい時期に製作をしているので、期待がもてる。



いつものように、バイオリンを構えて

弦に弓を置き、走り出した瞬間、

絶妙な吸い付きから、作られる音の粒。

その粒が細かく、次第に大きく膨らみ飛んでいく。

そんなイメージです。

久しぶりにサルトリーを弾くが、とても気持ちがよい。

それと同時に嫌悪感を抱く。

発音がよく、パワフルな音質です。

自分の下手さがハッキリ出てしまうので、とても嫌な気分になる。

ひとり反面教師の弓である。と勝手に思う。

こんな事を考えながら、ペカット同様に20分を過ぎていた。

大切な品なので終了です。



03月15日(火) から行う「春のセール(仮)」の対象商品といたします。

鑑定書:有り J.F.RAFFIN

素晴らしいバイオリン弓をお探しの皆様、ご検討いただければ幸いです。
フレンチモダンオールド弓をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

ウェブストアはこちら
http://www.soundscape-net.com/?pid=99303559

Eugene Nicolas Sartory (1871-1946)
フランス・ミレクール 1871年に生まれる。
サルトリーの父も弓職人であったことが影響し、幼少のころから弓づくりを始めます。
若干16歳で金賞を受賞。 Charles Peccatte(シャルル・ペカット)や Joseph Alfred Lamy(アルフレッド・ラミー)の工房で修行を積む。
1889年 18歳の若さで独立。国内外のコンクールで様々な賞を受賞。20世紀を代表する偉大な弓製作家として、世界中のハイエンドプレーヤーに愛用されています。

※※※※※☆☆☆☆☆※※※※※☆☆☆☆☆※※※※※☆☆☆☆☆※※※※※☆☆☆☆☆
弦楽器専門店 ウェブストア「SoundScape」
バイオリン弦・チェロ弦や楽器・楽弓を販売。毛替え・修理のお店。
東京都練馬区栄町41-12 武蔵野音大近く 03-3557-7480
 
モンゴル産の馬毛を入荷いたしました☆





年始から、毛替え1,000円OFFキャンペーンを実施しております!
モンゴル産・カナダ産・イタリア産全て対象です。

モンゴル産
4,500円→3,500円

カナダ産
6,000円→5,000円

イタリア産
9,000円→8,000円

※全て税抜き価格です。

弊社では、様々なサンプルを取り寄せ、各国の品質のよい天然馬毛だけを仕入れしております。

この3連休も多くのお客様に毛替えのご予約をいただいております。
毛替えのタイミングの方はこの機会に是非(^^)

また、配送での毛替えや楽器調整・修理等も承っております。
お住まいの地域に弦楽器工房がない方、近くにあっても仕事が忙しく、
定期的なメンテナンスや毛替えを行えない方など、是非ご利用ください。
他店でお買い求めいただいた楽器や弓も、弊社職人が丁寧に毛替えや調整をさせていただきます。

詳しくは→配送 毛替え・調整・修理

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。
素敵な3連休をお過ごしください♪
Emile Francois Ouchard

上(奥)の弓は 新作フレンチBOW ルイ・シモン / モデル:ウーシャ
下(手前)の弓は オリジナル オールドBOW ウーシャ

新作のフレンチ「ルイ・シモン」コストパフォーマンスがよく
プレイヤーさんからの圧倒的な支持を得ています。
安定した操作性・吸い付き・音質向上と同価格帯の弓でお探しの方はいかがでしょうか。
もちろん、オリジナルのウーシャには勝りませんがスレンダーなスティックからは
想像できない腰の強さ、繊細かつ豊かな音を奏でたいと思っている方にお勧めです。

Emile Francois Ouchard

ウーシャは、しなやかさ、吸い付き感、操作性が抜群で
音大・音高を目指している方、ハイエンドアマチュアプレイヤー、
プロフェッショナルとしてご活躍させているプレイヤーにお勧めです。

Emile Francois Ouchard

Emile Francois Ouchard(エミール・フランソワ・ウーシャ)は、1872年にフランス・ミルクールに生まれ、14才でCUNIOT HURYの工房に弟子入りし、その優秀な後継者となりました。息子のEmile Auguste Ouchard(エミール・オーギュスト・ウーシャ)と区別するため、一般には「E.F.Ouchard」と呼ばれています。
息子を含め、多くの優れた製作家を育てましたが、パリ、そしてニューヨークへと進出した息子に対し、父親の彼は一生ミルクールを離れることはありませんでした。CUNIOT HURYを師匠として慕い、師の死後もそのスタンプを使用した作品を多く製作しています。


Louis Simon Ouchar バイオリン弓 はセール中です。
ご興味ある方はご連絡お待ちしております。

詳細を見る:Louis Simon Ouchar バイオリン弓


本日もご覧いただき誠にありがとうございました。
笑顔で素敵な一日をお過ごしください。
弊社工房では、昨日まで珍しい修理が入っておりました。





琴の修理です。
端の部分が欠けていたのを修理しました。
初めて近くで琴の修理を見ることができ、興味津々でした。

バイオリンの方は、モダンフレンチの「Emile Boulangeot、Charles Enel、Marc Laberte」
の計3本を山口県のお客様からお預かりし、メンテナンス・調整等を行いました。
どれも素晴らしい楽器だったのですが、古くなっていたこともあり、
より状態を良くするために、職人と何度も調整をさせていただきました。

その他に、音大生さんの楽器のメンテナンスや、セットアップ、
本日は、当日仕上げで毛替えがあったりと、
今月もおかげさまで工房の方も忙しくしております。

また、配送修理サービスも始めましたので、遠方のお客様にもご利用いただけるようになりました!
キャリア35年の職人が自信を持って丁寧に修理・調整をさせていただきます。

詳しくは→修理料金・配送修理サービス

調整をすることで、楽器の音や鳴りが随分変わったり、弾き易くなったりします。
プレーヤーの皆様がベストな楽器の状態で演奏ができるよう、
少しでもお手伝いができればと思っています。
年内に毛替えや調整などをされて、新しい年を迎えませんか?
何か楽器等で気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。
素敵な金曜日をお過ごしください。
本日は、オールドフレンチ弓「Victor Fetique Violin」のご紹介。

言わずと知れた楽弓の銘工「フィティーク」。
1920年頃の作品で、重要パーツは全て当時のオリジナルがついています。





柔らかくしなやかな弾き心地です。
スーッと弓が離れていく感覚で、音が伸びていきます。
包み込まれるような優しい音色の中に、凛とした華やかさも感じられます。

厳選された上質な材料を使用し、完成度も高く見た目も美しい。
まさに一流のフレンチボウです。

【プロフィール】
FETIQUE, Victor Francois 1872 - 1933
1872年、ミルクールでヴァイオリン製作家の父のもとに生まれ、N.Bazinの工房で弓の製作を学んだ後、1901年29歳でパリに拠点を移し、12年後には独立して工房を構えました。 さらに、沢山の職人を育てる傍ら、フランスの最も素晴らしい職人に送られるとても名誉な賞“Une des meilleurs ouvriers de France”を受賞し、名実ともに一級の職人として歴史にその名を残しました。

詳しくは→Victor Fetique Violin Bow France

鑑定書付き。
試奏可能です。
その際はスタジオをご用意してお待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせください♪

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。
素敵な火曜日をお過ごしください。

イタリア産馬毛とカナダ産馬毛が入荷!

イタリア産はしばらく在庫がない状況だったのですが、
サンプルを取り寄せ選定を行い、品質のよいものを入手できました。





弊社では、モンゴル・イタリア・カナダ産馬毛の3種類を取り揃えております。

そして!!!
カナダ産馬毛(ロング)は、本日毛替えキャンペーンを行っています♪

バイオリン 通常6,000円 → 3,700円(税込)

ビオラ 通常6,500円 → 3,900円(税込)

チェロ 通常7,000円 → 4,700円(税込)

時間帯によってはその場で毛替えも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

本日はコンサート情報のお知らせです♪



BRASS NEX
TEA TIME CONCERT

【日時】2014年11月9日(日)14:00開演(13:30開場)

【場所】共栄学園講堂(お花茶屋駅 徒歩5分)

【料金】一般1,000円 高校生以下500円

【出演】
TRUMPET
津守祥三・吉田綾子
HORN
藤田麻理絵
TROMBONE
永井嗣人
TUBA
臼井紀人

【曲目】
ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲
酒井格:たなばた
宮沢和史:風になりたいほか

【プロフィール】
2010年に結成された金管五重奏の団体である。出身大学は異なるがメンバーは皆、同級生。演奏のジャンルは、クラシックからポップス、ジャズ、昭和歌謡、演歌、映画音楽など、多種多様のレパートリーを持つ。メンバーもそれぞれ、オーケストラ、吹奏楽、jazz、テーマパーク、スタジオ録音、アーティストのバック演奏、ミュージカル、オペラ等の様々な場面で活躍している。

とても広い会場で、お値段もリーズナブルですので是非♪

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。
素敵な1週間をお過ごしください(^^)