本日の練馬はなんと快晴☀

昨日までの雨が嘘のような、晴れ晴れとした洗濯日和のお天気です。

徐々に気温も下がり、過ごしやすくなって参りましたが…皆さまいかがお過ごしでしょうか❔

 

 

 

さて、本日は新商品

Josef Teller アジャスター内蔵 テールピース」をご紹介させて頂きます❣

写真をご覧頂いても分かる通り、こちらの商品はなんと…

ヴァイオリン用の木製アジャスタ内蔵型テールピース

となっております❣👀✨

 

今まで、アジャスタ内蔵型のヴァイオリン用テールピースというと

樹脂製のウィットナーなどが主な選択肢だったのではないかと思いますが

この度ドイツの「Josef Teller社」より、非常に画期的な製品が発売されたのです。

 

材の種類はボックスウッドとローズウッドの二種類

モデルも、ヒルとフレンチの二種類をご用意しております✨

↑左の二本がフレンチモデル、右の二本がヒルモデルです(>ω<*)✨

 色の淡いのがボックスウッド、濃いのがローズウッドですね。

 

今までにも、木目調の加工を施しているタイプの品はありましたが

このような完全木製のタイプはかなーり珍しいのではないでしょうか❔👀✨

…………………………………………………………………………………………………………………

 

また、何といってもこちらの製品…ものすごーく軽いのです‼

 

といっても、写真やブログだと重量感は伝わり辛いので、より分かりやすいように

アジャスタ内蔵型テールピースとして最もメジャーなウィットナー社の製品

通常の黒檀テールピースに別途アジャスタを付属させたもの(1つ、4つ)

との重さを計って比較してみました(b -`ω-)✨

 

 

【Wittner】樹脂製22g

 

・黒檀テールピースのみ … 16g

・黒檀+E線アジャスタ1つ … 21g

・黒檀+アジャスタ4つ … 36g

 

【Josef Teller】ボックスウッド(ヒル)12g

【Josef Teller】ボックスウッド(フレンチ)14g

・【Josef Teller】ローズウッド(ヒル)15g

【Josef Teller】ローズウッド(フレンチ)16g

 

 

いかがでしょうか…❔

アジャスタ込みでも、Josef Tellerのテールピースは非常に軽い‼というのが

お判り頂けるかと思います(; ・`д・´)💦

また、一番重い「黒檀+アジャスタ4個」の組み合わせと

Josef Tellerのテールピースとを比べると

一番軽いものでおよそ24g差…なんと三倍も差があることが発覚しました❣Σ(・ω・ノ)ノ

…………………………………………………………………………………………………………………

 

実は、楽器に装着する部品は、できるだけ軽くした方が良いとされておりまして…

パーツを軽くすることで、弦の振動を効率よく楽器全体に伝えることができるほか

楽器の周辺部の振動が更に促され、その振動が表板・裏板に伝わり

弦の高倍音成分がより一層出やすくなると言われています❣

なので、全ての弦に個別でアジャスタを付けてしまうと

その重量により楽器にかかる負荷が非常に大きなものとなってしまうのです。

それがあまりに重たくなってしまうと、弦の振動を大きく妨げてしまい

音色・音響・操作性など、様々な範囲にデメリットが生じてしまいます(;_;)💦

 

以上の理由から、今まで一般的にE線のみの装着が推奨されてきたアジャスタですが…

(全弦に付けると音色が悪くなる、楽器に負担がかかる等と言われた事のある方も多いかと思います💦)

パーツの重量を増やすことによるデメリットや

従来のアジャスタ内蔵型テールピースが抱えていた重量・弦長等の問題…

それらの改善に取り組み開発されている、この「Josef Teller テールピース」であれば

 

・パーツの重量に起因する、音色への悪影響が気になる方

調弦が不慣れな方

・樹脂製のアジャスタ内蔵テールピースをお使い頂いており、

 他のフィッティングパーツとの材質・色味の差が気になっていた方

 

などなど…様々なご要望にお応えすることの出来る

非常に優れモノな一品かと思います(b -`ω-)✨

 

 

テールピース交換を行う際には、テールガットの調整等の作業もありますので

ご購入頂いた後にお近くの工房へお持ち頂き、装着作業をご依頼頂ければと思います🎻🎶

もちろん、工房フェルマータでも装着作業を承っておりますので

お気軽にお問合せ下さいね(*'ω'*)💕

 

工房フェルマータのHPはコチラです✨→http://violin-fermata.tokyo/

 

…………………………………………………………………………………………………………………

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました(*´▽`*)💞
皆さま素敵な1日をお過ごしください。

 

「テールガット」って言葉を聞いたことがありますか?

テールガットとは、テールピースをエンドピンに引っ掛ける為に使用されている紐のことを指します。

 

 

 

最初に断っておきますと、今日は少し固い内容になることをご承知ください。

 

テールガットには、元々本物のガットが使われていたようですが、時代は進んでナイロン製や金属ワイヤーなどが使われるようになりました。そしてケブラー繊維の開発により、引っ張りに強く、もの自体もガットに似ているケブラーを使う演奏家さんが増えてきました。

 

 

 

唐突ですが、「音って変わるものなのですか?」という質問を良く受けます。

結論から言うと、「変わります」が正直なところ。


それがテールガットに起因しているのか、それともセットアップが前後で変わった(テールピースの位置など)ために起きているのか判断するのは難しいところです。

その楽器の個性やケブラーとの相性によっても、音の変化の度合いや傾向は違いますし、ナイロンの方がいい音(その演奏家さんが好きな音という意味で)がすることもあります。

 

正確に測定したいのであれば、元々のナイロンやワイヤーの長さと交換したテールガットのそれを同一にする必要がありますし、テールピースと駒との距離関係も交換前後で一定でなければ、同じ条件下であるとは言えません。

交換して音が変わったという場合、テールピースの位置が違っているために生じたと思えることが多々あります。

 

 

実は駒とテールピースの長さは、基準となる数値があるんです。

一概に何mmです!とは言えず、ナットから駒、つまり弦が振動する長さによって変わってくるので、長さの算出は工房で職人さんで行なってもらう必要があります。

 

元々のテールピースの位置がそのベストな長さに設定されておらず、そこにケブラー交換を行なったことで素材が変わり、テールピースの位置も変わったとなれば、更にややこしい因果関係を追い求める必要が出てきます。

それで音が気に入った場合は万々歳なんですけどね。

 

 

 

でも、安心してください!

音に正解はありませんから!

 

少し前に書いたアジャスターの記事でも触れていますが、自分の求める音を探すのが楽しいんですよね。

駄目だったら元に戻せばいい訳です。

やらずに後悔するなら、やって効果を確かめてみましょうよ。

出来れば、職人さんのいる工房で。

理由は先に書いた通りです。

 

 

というわけで、音を追求したいそんなアナタに、ケブラーロープを沢山入荷しました♪

「いつものように、ヴァイオリン(ケースや肩当てなど)のアクセサリだけなんでしょ?」と思われているチェリストの皆さん、安心してください!

今回はチェロ用も入荷しています!!

 

 

SoundScape詳細ページ KEVLAR LOOP Violin, Viola用 756円(込)

 

SoundScape詳細ページ KEVLAR LOOP Cello用 1,080円(込)

 

 

数量限定ですが、春の感謝祭中は破格のお値段でご奉仕させていただきます。

1,000円前後で買える機会はなかなかありませんよ。

セール期間後は通常価格に戻りますので、直ぐ交換は出来ないけど試してみたいな、ということなら是非このチャンスに。

 

 

 

 

交換方法はしっかりと(Double)Fisherman's Knotを使用してくださいね。

この結び目・ノットの方法が判らない方は、職人さんにお願いしましょう。

釣りをされている人は簡単かもしれませんね。

 

この結び目を使って、テールピースの長さをバチッと所定の位置に持ってくるのは大変なんですが、全ては良い音の為。

自身で変更される場合は自己責任で。

不安な場合は、当工房までお越しください!

スタッフ一同、指先をほぐしてお待ちしております♪

 

 

皆さんはE線のアジャスターは何を使用していますか?

Wittner?Götz?Shirakawa?はたまたM Gergだったり?

 

ボールエンドとループエンドで使用するアジャスターの形状も変わってきますが、素材やメーカによっても随分と音は変わってくるものです。もちろん弦にもよりますケド。

 

と、前置きはさておき、今日紹介するE線のアジャスターは、是非お試しいただきたい逸品です!

その名も「STRADPET “チタニウム”」アジャスター。

 

 

 

STRADPETの右端にチタンを示す「Ti」の文字が刻印されています。

カメラが好きな方は、ニコンのF2 TitanやオリンパスのOM-3Tiや4Tiを浮かべたりするかも知れませんね。

 

加工が難しいとされているチタンですが、見事に成形されています。

どのタイプの合金かは不明ですが、メッキではないことは確かなようです。

というのも、ほぼ同じ形状をしているGotzアジャスターと重さの比較をしてみたのですが、

 

・2.0g STRADPET 

・3.5g Gotz  

 

という結果(実測)になったからです。

なんと1.5ℊも、つまりこの大きさで1年玉1.5個分も軽いことになります!←1円玉はアルミですけどね。

手のひらにのせた感じも、STARDPETの方が軽いのが判るほどです。

やはりチタンは軽いですねー。

 

 

じゃぁ、軽いと何が良いの?となると思いますが、質量がある(重い)と弦の振動を阻害してしまうんですね。

振動工学(?)の専門ではないので詳しくは判りませんが、1番細い弦であるE線に取り付けるアジャスターということになれば、重いよりは軽い方がいい気がします。

重い方がいい場合や、重いことによるメリットもありますので、一概には言えないのが音の難しいところなんですが。

 

 

 

そんなところを想像しながら、実際にGotzアジャスターと弾き比べを行なってみました。

同じ楽器、弓と弦を使用し、それぞれのアジャスターを取り付けて演奏を行ない、違いがあるのか実験です。

アジャスターの交換は、テールピースを外さずに(セッティングが変わってしまう恐れがあるので)行なっています。

 

 

感想はこんな感じ。

 

STRADPETは、

1.立ち上がりが良く反応が早い。

2.倍音がGotzに比べて豊かに出ている。

3.抜けが良くなり、音が開いて飛んでいるのが判る。

というものでした。

 

これは“Gotzに比べて”と言う意味で、Gotzは反応が鈍いとか、音が抜けないという意味ではありません。

逆に、Gotzは、

1.立ち上がりに時間がかかる(コンマ何秒です)が、音の残りや残響(ねばりと言えばいいでしょうか)がある。

2.音量はこちらの方がSTRADPETに比べて出る。

3.快活でパリッとした音が出る。

ということで、プレイヤーの音の好みや、楽曲の解釈と表現によってアジャスターを交換・使い分けるのも凄くアリだと思いました。

 

 

 

さて、皆さんはアジャスターは何を使っていますか?という質問を最初にしましたが、アジャスターはどれにしますか?が正しい表現かも知れませんね。

実は今回の実験で、対象のE線の音だけでなく、他のADG線の音にも変化がありました。

どんな変化があったか詳しくは書きません。

セットで買うと約5,000円〜する弦を換えるのもありですが、もっと安く比較・交換が出来るアジャスターです。

皆さんも、自分の求める音を探して、アジャスター選びを始めてみませんか?

 

SoundScapeで取扱いのあるE線アジャスターを下に紹介しておきますね。

試してみてどんな感想を持ったかなど、それぞれのレビューもお待ちしております。

レビューを投稿していただくと、SoundScapeで利用できるポイントを付与させていただきますので、皆さんどしどしレビューをお寄せください!

 

 

STRADPET E線アジャスター

 

Gotz E線アジャスター

 

Shirakawa E線アジャスター

 

M berg E線アジャスター

 

Wittner E線アジャスター

 

 

もうすぐG.W.です。

時間が出来るのであれば、是非ともアジャスター比較をして欲しいなぁと思います。

STRADPET、オススメです!

 

 

新商品のご紹介です。

 

ペグソープやE線アジャスターなど、アクセサリ関係の商品を数多く製造しているGötz(ゲッツ)社から、新たな新商品が発売されました。

今回は、チェロのエンドピンストッパー2モデル(木材は3種類)です。

 

 

 

素敵な入れ物に梱包されています。

こちらはブビンガ材、大きく言うとアフリカンローズウッド材です。

 

中央の黒い部分はプラスチック/ゴムのような素材で出来ていて、中心には金属が埋め込まれているので貫通することはないと思われます。

 

裏側にはスピーカーなどの下にもついている、黒い高級スポンジ(?)のようなものが全体に貼られていて、粘着シート仕様ではありりません。

しかし、フローリングやカーペットの上で試してみましたが、これが全くといっていいほど滑らいから不思議です。

しかも、貼りくっ付かないので取扱いも簡単でストレスがありません。

 

 

材質の比較をしてみましょう。

 

 

左から、ブビンガ、メイプル、ウォルナット材の3素材が用意されてます。

一番軽いのはメイプルで58g、次がブビンガで数グラム重く、ウォルナットは他と比べて約25g重い87gでした。

もちろん個体差があると思いますので、あくまで参考と捉えて下さいね。

 

 

おおきさがどれくらいか判りづらいと思うので、定規を置いてみました。

1.5mではありませんよ、15cm定規ですので、直径は実寸でほぼ10cm位です。

 

Vn/Va弦の袋の上に置くと、はみ出るか出ないかくらいの寸法でした。

オブリガートチェロ弦の袋にある、赤い丸とほぼ同じくらいイメージですね。

オブリガートを使っているかた方以外は、想像するのは難しいでしょうけれど、、、。

 

厚みは一番あるところで、1.5cmほどでした。

 

 

 

販売価格は税込6,048円(Blog更新時)。

木目がとっても素敵で綺麗なエンドピンストッパーです。

この豪華なストッパーを使えば、自宅での練習が優雅なひとときに変わること間違いなし!

もちろん、音楽教室やアンサンブル・オケの練習でも使用できますね!

注目を集めること請け合いです!

 

 

商品の詳細は、SoundScape→ 商品ページ からどうぞ。

 

本日は、演奏用ミュート「POLLY MUTE」のご紹介です♪

米国製でプロの演奏者にも愛用されています。





着脱が簡単で非常に軽いです。
また他のミュートに比べ、使用しない際に駒とテールピースの間でミュートが動いても、ノイズが出にくいのも魅力。

あたたかみのある丸い音色で、楽器の響きはそのまま残してくれます。

色はブラック・クリア・レッドの3色展開です!



※写真はブラックとレッドになります。
 右から、バイオリン・ヴィオラ・チェロ用

見た目も可愛いので、
この時期でしたらプレゼントなどでも喜ばれるかもしれませんね(^^)

店頭でお試しもしていただけます。

購入はこちら→バイオリン用

購入はこちら→ビオラ用

購入はこちら→チェロ用

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。

本日は、「Pedi レインコート」のご紹介。
リュックスタイル専用。

梅雨時期、、
楽器とケースを雨から守ってあげましょう(^^)

本日ご紹介するレインコートは、
とにかく着脱が簡単!約10秒ほどで装着出来ます。



また、使用しない際には非常にコンパクトにまとめることが出来るため、
常に鞄の中やケースに引っ掛けておくことが出来ます。
急な雨やこの時期に安心です!









ナイロン生地で撥水加工が施されてあり、
ケースの外のチャックに入れている楽譜が濡れる心配もありません。

シェル型(三角)とオブロング型(四角)があり、
色は落ち着いたライトブラウンとモスグリーン。

店頭で実際にお試しいただけますので、お気軽にお立ち寄りください♪

詳しくは→pedi レインコート

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。
素敵な木曜日をお過ごしください。


新入荷の、イギリス製 ALPINE社「Menuhin style」のミュートをご紹介。
※バイオリン・ビオラ用

アマチュアからプロの方まで多くの演奏家に愛されていたメニューインのミュート。
突然の生産中止のため入手が困難になり、弊社でも多くの皆様からお問い合わせをいただいておりました。

そんな圧倒的な支持を得ていた、メニューインのミュートがなんと!
アルパインミュート社よりメニューインスタイルとして
販売されることになりました。

三角のギターのピックのような形状で、
「Professional Mute」と「Artist Mute」の二種類があります。





Professionalは、ブラスが埋め込まれており、より高い消音効果を発揮します。







Artistの方は、Professionalと同じデザインながら、
低価格なのが魅力です。

店頭販売価格は、
【Professional】 定価 4,000円→販売 3,200円 (税別)
【Artist】     定価 2,500円→販売 2,000円 (税別)
※通販での販売価格は未定です。後日ホームページにアップ致します。

根強いファンを持つメニューインミュート。
店頭でお試しいただけますので、お気軽にお立ち寄りください♪

本日もご覧いただきありがとうございました。
素敵な週末をお過ごしください(^^)


プロ、アマチュア混合合奏団
「シフォンストリングアンサンブル」のコンサートのお知らせです。

クラシック、ポップス、ジャズなどジャンルにとらわれずいろいろな音楽を演奏し、年に1回コンサートを行っています。

「シフォンストリングアンサンブルコンサートVol.5」

【日時】
2013年02月09日16:00開演 (15:00 開場)

【場所】
和光市民文化センター サンアゼリア 小ホール

【料金】
大人2500円 小学生1500円 未就学児無料

【お問合せ】
048-468-7771
http://www.chiffon-string-ensemble.com/

今年は指揮に清水醍輝氏をお迎えし、5brassも復活!
皆様に楽しいひと時を過ごして頂ける事うけあいです!
皆様のお越しをお持ちしております。



さて、本日は「ウルトラ USA プラクティス ミュート」のご紹介です。

演奏時の効果として使う演奏用ミュートではなく、
自宅などで練習をする際に、音を小さくするための練習用ミュートになります。



ゴム製の、定番中の定番のミュートです。

駒に直接取り付けて使用しますが、
ゴム製のため、駒や楽器に傷がつきにくいのが最大の特徴です。







駒にしっかりとはめ込むことができ、ぐらつくこともありません。



また、高さもあまりないので、楽器を構えた時に、
指板や弦も見やすくなっています。

金属製のミュートに比べ、楽器に傷をつけることがない分とても安心ですが、消音効果は金属製に比べると若干劣ります。
しかし、ある程度まではきちんと消音してくれますので、
是非店頭でお試しいただいて、ご自分の耳で効果を確かめてみてください。

詳しくは→ウルトラ USA プラクティス ミュート
※ビオラ・チェロ・コントラバス用もあります。


それでは、素敵な水曜日をお過ごしください(^^)
もうすぐ1月も終わりですね。
バレンタインの2月14日に開催されるjazzリサイタルのお知らせです♪



「Jazz in Klein Blue(?)」

【日時】2月14日
【時間】19:00開場 19:30開演
【場所】神保町クライン・ブルー
【出演】武田多恵子(vo)香川裕史(bass)かみむら泰一(ts&ss)
    シャンソン・ジャズ・etc

またクライン・ブルーでは、ヴォーカルの武田さんの写真展 <武田多恵子写真展>木. の展示も行われています。

江古田の音大通りにある「トモズカップケーキ」さんの美味しくて可愛いカップケーキも振る舞われるそうなので、お時間ある方は聴きに行かれてみてはいかがでしょうか(^^)



さて本日は、バイオリンミュート(弱音器)
「木製エボニー」のご紹介です。

ミュートと呼ばれるものには種類が二種類あります。

・消音器(サイレンサー)
練習用ミュートとも呼ばれ、マンションやアパート、夜などに、
練習する際に出来るだけ小さな音にするために使用します。

・弱音器(ミュート)
弱音効果を利用して、
音色を変化させるアイテムとして演奏時に使用します。

本日ご紹介する「木製エボニー」は、演奏時に使用する弱音器です。



作曲家はこの効果を利用して一部の曲の表現としており、
弱音器を使用する場所には、楽譜に「con sordino(弱音器を使用せよ)」と示してあります。

波型とHILL型の二種類があります。

波型 高さ約2.8? 幅約8?



HILL型 高さ約2.2? 幅約8?



昔ながらのシンプルな木製の弱音器です。
トルテのゴム製ミュートのように楽器につけっぱなしというわけにはいきませんが、
ゴム製のミュートに比べ木製のためクリアな音で、
金属製のように万が一楽器に落としてしまっても傷がつきにくいです。

詳しくは→ミュート 木製エボニー

ミュートによっても、音の響きが全然変わってきますので、
是非店頭でお試しください。

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。
素敵な日曜日をお過ごしください(^^)


すすきを飾ってみました。
最近寒く、秋があまりなかったように感じてしまいます。

乾燥から楽器を守る!
ということで、先日ミュージックモイスチャーをご紹介しました。



本日は、より効果の高いダンピットをご紹介。

楽器が乾燥してしまうと、
木の割れの心配だけでなく、音も響きにくくなってしまいます。
このような悩みを、ダンピットを使用することによって改善されます。

【バイオリン ダンピットの使用方法】

?本体を水に30秒ほどひたし、チューブの中にあるスポンジをしっかりと湿らせます。

?全体が湿りましたら、水滴が垂れない程度に絞ります。
その後バイオリンに水が落ちてしまわないように、表面の水気を必ず拭き取ってください。

?f字孔に入れます。



細いほうから、リングのついている方を上にして、差し込みます。

ご使用になる際は、演奏時は外すようお願いします。
ダンピットは移動中も使用でき、ケースの中で使用していただくと一番効果的です。



また、部屋の湿度が一目でわかる、湿度インジゲーターが付属でついています。

詳しくは→バイオリン ダンピット


本日も、ご覧いただきありがとうございました。