サラサーテ最新刊、入荷しております。

今号は創刊15周年、記念企画もあるそうです✨

右上の「15th Anniversary」のロゴが目印です。

 

 

今回の表紙は、エール弦楽四重奏団の皆さんです。

ヴァイオリニストの毛利文香さん、山根一仁さん、ヴィオリストの田原綾子さん、チェリストの上野通明さんらによる、新時代クァルテットです。

それぞれが高校一・二年生の頃に行われたプロジェクトQがきっかけとなり、クァルテットを結成したとのこと。

普段はドイツやフランスなど全く異なる地で活動している彼らですが、年に数回必ず集まり、コンサートを行ったり、音楽祭やセミナーなどに参加なさっているそうです。

 

そして今号の特集は「わが愛、ショスタコーヴィチ」です。

ショスタコーヴィチ好きの皆さま、急いでお買い求めください!

バルトーク「中断」やヨゼフ・シュトラウス「鍛冶屋のポルカ」などの楽譜が掲載されているほか、プロに聞く弦の張り替え講座や、モダンイタリーの高名な楽器製作家「ジュゼッペ・ペドラッツィーニ」についてのコラムなども掲載されています。

 

今号も見所たっぷり、充実の一冊となっております。

工房フェルマータにて販売しておりますので、気になる方はスタッフまでお問合せ下さい。

 

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました。
皆さま良い一日をお過ごし下さい。

ぶらあぼ最新刊、入荷しています。

 

店舗レジ前と、スタジオの待合スペースで無料配布中です!

 

 

ぶらあぼ最新刊、入荷しています。

 

今号はドイツのヴァイオリニスト「ギドン・クレーメル」氏のお写真が表紙となっています。

現在使用している楽器はニコロ・アマティとのことですが…映っている楽器ももしや?!💦

出演予定の【クレメラータ・バルティカ&リュカ・ドゥバルグとの共演】は、来年2月頭〜中旬の公演となります。

 

他にも、プロの方への貴重なインタビューや近日中のコンサート情報、チケット前売り情報、楽団の団員募集情報などが沢山掲載されている充実の音楽冊子です。

工房フェルマータの受付やスタジオフェルマータの待合スペース等で無料配布しております。

ぜひ一度お手に取って頂ければ幸いです。

 

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました。
皆さま良い一日をお過ごし下さい。

サラサーテ最新刊、入荷しています。

 

 

今回の表紙は、チェリストの伊藤悠貴さん。

セルゲイ・ラフマニノフのチェロソナタの演奏でご存知の方も多いのではないでしょうか。

伊藤さんは、このラフマニノフ作品の演奏において国際的に非常に高い評価を得ており、日本人チェロ奏者として唯一全集アルバムをリリースしています。

チェリストとしての活動のほか、2013年からはロンドンのナイツブリッジ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督と首席指揮者を務めてるなど、チェロのみならず、音楽的に大変多才な一面をお持ちの方です。

 

そして今号の特集は「もっと低く、もっと楽しく!!コントラバスを弾く!」です。

2017年版のメンテナンスガイドなども掲載されています。

また、今号ではその他にも、バルトーク世界ヴァイオリンコンクールにて2位入賞を果たした高木凛々子さんのレポートや、モダンイタリーの高名な楽器製作家、ジュゼッペ・オルナッティについてのコラムなども掲載されています。

 

今号も見所たっぷり、充実の一冊となっております。

工房フェルマータにて販売しておりますので、気になる方はぜひお申し付け下さい。

 

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました。
皆さま良い一日をお過ごし下さい。

本日は、ぶらあぼ最新刊入荷のお知らせです。

 

プロの方への貴重なインタビューや近日中のコンサート情報、チケット前売り情報、楽団の団員募集情報などが沢山掲載されている音楽冊子です。

今号は「ニューヨーク・フィルハーモニック」ヤーブ・ヴァン・ズヴェーデン氏の、2018年日本ツアー時のお写真が目印となっています。

 

工房フェルマータの受付やスタジオフェルマータの待合スペース等で無料配布しております。

ぜひ一度お手に取って頂ければ幸いです。

 

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました。
皆さま良い一日をお過ごし下さい。

今日の練馬では、秋雨がしとしと降り続いております☔

フェルマータ周辺では明日も引き続き雨のようですが…皆さまいかがお過ごしでしょうか❔

体調を崩しがちなこの季節、どうかご自愛くださいね。

 

 

 

さて…本日は、ぶらあぼ最新刊入荷のお知らせです❣

 

今回の表紙を飾るのは、「東京オペラシティ コンサートホール✨

思わず息を呑んでしまうほど、華やかで美しいお写真です…。

採光窓から差し込む光と、客席とのコントラストが幻想的ですね〜(*ノωノ)✨

 

ということで、今回は東京オペラシティ&東京オペラシティコンサートホールについて

ちょこっと解説❣させて頂こうかと思います(*'ω'*)💕

 

…………………………………………………………………………………………………………………

 

まず、この東京オペラシティという呼び名ですが…実はこちら、

1985年に建設された新国立劇場と、民間の超高層複合施設

「東京オペラシティビル」からなる区画の総称となっております✨

ビル内には、コンサートホール・アートギャラリーなどの文化施設やオフィスのほかにも

飲食・物販・サービスなどなど…なんと50以上のお店が出店しているんですよ〜‼Σ(・ω・ノ)ノ

 

 

また、コンサートホールに関しましては、

一般的に「東京オペラシティ コンサートホール」と呼ばれることが多いかと思いますが

正式名称は「東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル」となっております。

これは、1992年から準備段階の東京オペラシティビルの芸術顧問であった

作曲家の「武満徹」さんのお名前から頂戴しているそうです❣

変形ピラミッド型の天井や採光窓、ステージ上部に浮かぶピラミッド状の音響反射板など…

革新的で独創的なデザインが目を惹く、とっても素敵なホールですね☀

ちなみに、座席数は1632席だそうです(*'ω'*)💕

 

また、当ホールでは東京フィルハーモニー交響楽団・東京交響楽団が定期的に

コンサートを開催している他、沢山の著名なオーケストラの方々も演奏会を行なっています。

現在は、日本音楽コンクール本選の会場にもなっておりますので

足を運んだことがある❣という方はかなーり多いのではないでしょうか…(b -`ω-)✨

 

 

こちらの東京オペラシティ、コンサートホール以外にも楽しめる施設が沢山ありますので

ご家族や大切な方とのお出掛けにも、丁度良いスポットかと思います🎻🎶

表紙のお写真に映っているパイプオルガンを使用したオルガンコンサートを

月に1回、無料で開催しているそうですので

まだ訪れたことの無い方は、ぜひぜひ足を運んでみてくださいね(*>ω<*)💞

 

…………………………………………………………………………………………………………………

 

そのほか、今回のぶらあぼでは、

指揮者のウラディーミル・フェドセーエフさん、ピアニストの小菅優さんを始め

 

 指揮者のフィリップ・ジョルダンさん

 作曲家の一柳慧さん などなど…

 

一流アーティストの方々の貴重なインタビューも、たっぷり掲載されております✨

 

他にも、近日のコンサート情報、チケット前売り情報、団員募集情報などなど…

素敵な情報が目白押しですよ〜🎶

工房フェルマータの受付やスタジオ待合スペース等で無料配布しておりますので、

ぜひぜひ❣お手に取ってみて下さいね(*´▽`*)💞

 

…………………………………………………………………………………………………………………

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました(*´▽`*)💞
皆さま素敵な1日をお過ごしください。

早いもので、9月ももう半ばを過ぎてしまいましたね。

日本には現在大型台風が上陸しておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか❔💦

この三連休に、お出掛けを予定している方もいらっしゃるかとは思いますが

どうかどうか、怪我などには充分にお気をつけて下さいませ〜(;_;)

 

 

 

さて、本日のブログではタイトル通り…

サラサーテ最新刊、入荷のお知らせです〜❣(b -`ω-)✨

今号の表紙を飾っておられるのは、ヴァイオリニストの礒絵里子さんです❣

 

磯さんにとって、今年はなんとヴァイオリニストとして丁度節目となる20年目とのことで…

Artist Closeupのコーナーにも出ておられますよ〜(*'ω'*)💕

 

歳上の従姉妹の影響により4歳でヴァイオリンを始め、桐朋学園へ進学した彼女ですが、

一時は神経症を患い、ヴァイオリンを弾くこともままならなくなったとか…💦

数年の歳月をかけて病から立ち直り、大学を卒業した後は

憧れの人物、イーゴリ・オイストラフに師事するため単身ブリュッセルへ。

留学中の1997年に、デビューリサイタルを開催したそうです✨

 

演奏もお人柄も魅力たっぷりの磯さん☀

もっと詳しく知りたい方は、ぜひArtist Closeupにてご覧下さいね🎻🎶

 

…………………………………………………………………………………………………………………

 

また、今回の特集は「さぁ、次はクァルテット‼」とのことで

演奏する側・聴く側の両方から、クァルテットの魅力にとことんアプローチした

大変興味深いコーナーが掲載されていますよ🎻🎶

 

 「クァルテット」とは✨

 四重唱及び四重奏のことを指します。

 重唱・重奏の形態のなかで最も基本的なもので、特に弦楽四重奏は

 室内楽の全レパートリーの中でも中枢的な地位を占めているそうなΣ(・ω・ノ)ノ💦

 有名なものだと、ハイドンの「弦楽四重奏曲第77番ハ長調:皇帝

 ドヴォルザークの「弦楽四重奏曲第12番ヘ長調:アメリカ」などなど…

 昔から沢山の素晴らしい曲が作られていますよ✨

 

 

また、今号では実際にクァルテットの具体的な譜面を用いた解釈・奏法の指導や

今注目のクァルテットのインタビューなども掲載されておりますので

興味のある方は、ぜひぜひ一度お手に取ってみてくださいね(*'ω'*)💕

 

他にも、一般的なエチュードや楽曲などの難易度を分かりやすく表にした

ヴァイオリン・メソードマップ」が掲載されていたり

楽器製作におけるモダンイタリーの名匠「フェルディナンド・ガリンベルディ」について

充実のコラムがあったりと、見所満載な一冊となっております❣

 

工房フェルマータの店舗でも販売しておりますので、

お気軽にお問合せ下さいね〜(*ノωノ)✨

 

…………………………………………………………………………………………………………………

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました(*´▽`*)💞
皆さま素敵な1日をお過ごしください。

8月もいよいよ下旬に入り、夏の終わりが近づいて参りましたが

皆さまいかがお過ごしでしょうか❔

まだまだ暑い日が続いておりますので、体調には充分にお気を付けて

お過ごし下さいね〜(; ・`д・´)💦

 

 

さて、本日は、ぶらあぼ最新刊入荷のお知らせです❣

今回の表紙は、クリーヴランド管弦楽団の音楽監督・指揮者をつとめておられる

フランツ・ウェルザー=メストさんです✨

凛とした指揮姿に目を奪われるのは勿論のこと

バックで流れているであろう、ホールに響く荘厳なメロディーが聞こえてくるような

非常に印象的な一枚ですね…(b -`ω-)✨

 

ということで、今回のちょこっと解説❣は、こちらのメストさんについてです(*'ω'*)💕

 

 

1960年、オーストリアのリンツに生まれたメストさんは

元々はヴァイオリニストを志望し、地元の音楽高校へ進学したそうなのですが

在学中の交通事故により重傷を負い、ヴァイオリニストの道を断念せざるを得なくなり

指揮者に転向なさったとか…(;_;)💦

 

 

しかし、転向後に指揮者としても類い稀なる才覚を表したメストさんは、

 

・ノールショピング交響楽団の首席指揮者

・ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム管弦楽団の指揮者

・ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督

・チューリッヒ歌劇場の音楽監督

・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者

・クリーヴランド管弦楽団の音楽監督

 

などなど…その実力を買われ、数々の楽団で指揮者として活動して来ました👀✨

現在はウィーン国立音楽大学の指揮科教授を務めるほか、超一流の指揮者として

世界各地で広く活躍なさっています。

 

今回の表紙は、クリーヴランド管弦楽団の創立100周年記念ということで

音楽監督として公演中のお写真が使われているそうですよ🎷🎺🎻✨

 

 

そのほか、今回のぶらあぼでは、

演出家の河瀬直美さん、ホルン奏者のシュテファン・ドールさん

振付家のジル・ロマンさんを始め

 

 ピアニストの青柳いづみこさん

 指揮者のアンドレア・バッティストーニさん

 チェリストの海野幹雄さん などなど…

 

一流芸術家の方々の貴重なインタビューも、たっぷり掲載されております✨

 

 

他にも、近日のコンサート情報、チケット前売り情報、団員募集情報などなど…

素敵な情報が目白押しですよ〜🎶

工房フェルマータの受付やスタジオ待合スペース等で無料配布しておりますので、

ぜひぜひ❣お手に取ってみて下さいね(*´▽`*)💞

 

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました(*´▽`*)💞
皆さま素敵な1日をお過ごしください。

とうとう四国〜関東圏も梅雨も明けたということで…

皆さまいかがお過ごしでしょうか?👀✨

 

工房フェルマータのある練馬区は、本日も気持ちのいい青空が

いっぱいに広がっております☀

 

 

 

さて、本日は、ぶらあぼ最新刊入荷のお知らせです❣

 

 

今回の表紙はなんと…「すみだトリフォニーホール」❣

新日本フィルのフランチャイズとしてご存知の方も多いかと思います。

 

表紙の下部にも新日本フィルの皆さまのお写真が載っていますね🎻🎶

 

 

 

1997年に東京都墨田区錦糸町に開館して以来、沢山の皆様に愛されてきた

この「すみだトリフォニーホール」ですが...

今年でついに❣会館20周年を迎えるとのことです(;ω;)✨✨

 

気品と迫力溢れるホール内の写真が圧巻の表紙ですね〜(b -`ω-)

 

 

 

今回は、外山啓介さん・福間洸太朗さんといった一流のピアニストを始め

 

 ダンサーの勅使河原さん・佐東さん

 作曲家の三枝成彰さん

 指揮者のクリスチャン・リンドバーグさん などなど…

 

芸術家の方々の貴重なインタビューもたっぷり掲載されております✨

 

 

 

他にも、近日のコンサート情報、チケット前売り情報、団員募集情報などなど…

素敵な情報が目白押しですよ〜🎷🎺🎶

 

工房フェルマータの受付やスタジオ待合スペース等で無料配布しておりますので、

ぜひぜひ❣お手に取ってみて下さいね(*´▽`*)💞

 

 

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました(*´▽`*)💞
皆さま素敵な1日をお過ごしください。

 

サラサーテ最新刊、入荷しております✨

 

 

今号はなんと、「時代は、チェロ。」特集です!

チェロ入門・基礎講座や、日本にて開発された新素材のエンドピン情報など…

 

始めたばかりの方から熟練のチェロ奏者さんまで必見の情報が

たっぷりと載っております🎻🎶

 

 

また、ピラストロ社より発売されたPerpetualのG線・C線専用の新弦

 

Perpetual Cadenza(パーペチュアル カデンツァ)

Perpetual Strong(パーペチュアル ストロング)

 

について、チェリスト水谷川優子氏による詳細なレビューも掲載されてますよ〜👀✨

もちろん、SoundScapeでも早速取り扱いを開始しております!

 

 

 

チェロ弦 パーペチュアル・カデンツァ【 G線 C線 】

 

チェロ弦 パーペチュアル・ストロング【 G線 C線 】

 

 

 

また、スタンダードなパーペチュアル(メディウム)は

 

明るく華やかな音色

発音が非常に素直

楽器の特色の発現をより助けてくれる

耐久性に優れている

 

などの特長があります。

 

カデンツァ、ストロングの発売を祝し、SoundScapeでも

7/19までの期間限定でパーペチュアルのキャンペーンを行なっておりますので

この機会に是非一度試してみては如何でしょうか?✨

 

 

 

パーペチュアル チェロ弦 【 A,D,G,C線セット 

 

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました(*´▽`*)💞
皆さま素敵な1日をお過ごしください。