猛暑日が連日続くようなことがなくなって、何となくですが夏の終わりと秋の始まりを感じるような時期になってきました。

皆さん夏バテしていませんか?

残りの8月も元気に乗り切りたいですね。

 

 

今回のヴァイオリン入荷情報は、ステップアップを考えている方に最適のヴァイオリンです!

 

いま所有している楽器も良いんだけど、

1.もう少し音量やパワーが欲しい

2.細かなニュアンスを音色で表現したい

3.より速いパッセージにも反応良く楽器に応えて欲しい

4.工場で作られた楽器ではなくて、手工品のヴァイオリンを手にしてみたい

 

こんなお望みはありませんか?

 

 

これらを一気に解決してくれる楽器がこちらの2挺です。

 

 

ストラドモデル

 

 

 

 

ガルネリモデル

 

 

 

この2挺は共に一人の日本人制作家の手によって作られました。

その製作家さんは、河村盛介さんです。

 

河村盛介さんのHP

 

 

河村さんは、弊社でも販売実績がある人気の製作家のひとりです。

アンティークフィニッシュに仕上げられた、彼のストラド、ガルネリモデルからは、使い込まれたオールド楽器のような豊かな音が溢れてきます。

 

弊社をご利用いただいている、スタジオミュージシャンと大手レコード会社アーティストのバックを務める演奏家さんは「スタジオ録音でもコンサートホールでも使える、癖がないオールラウンドなヴァイオリンだね!」と大絶賛でした。店頭では物足りなかったようで、弊社スタジオで試奏をし、ミニコンサートで使用したいとお願いされるほど、この楽器に惚れ込んでいました。

 

私も、新作の楽器でここまで豊かに反応良く鳴る楽器は希少だと感じました。

各楽器共に、アーチやニスの再現がとても素晴らしく、持っているだけでも嬉しくなっちゃうヴァイオリンです。

 

 

さらに、

 

このどちらかの楽器(それはヒミツ)は、今年の5月に大阪と池袋で開催された展示会に出品されている楽器なのです。

ご縁があって、この貴重なヴァイオリンを弊社でお取り扱いさせていただけることになりました。

 

大阪は「関西弦楽器製作家協会」の第11回展示会、池袋は「日本バイオリン製作研究会」の展示会に出品されました。

菊田さんのブログでも紹介されていますが、この展示された河村さんの楽器は、池袋の展示会で開催された試奏コンサートで聴衆賞第2位(1位は菊田さん)を受賞されているのです。

河村さんの楽器が素晴らしい音色を備えていることが分かりますね。

勿論、購入の場合には本人の製作証明書が付きますので安心です。

 

 

気になってきた方のために、以下にSoundScape商品ページのリンクを貼りますのでチェックしてください!!

試奏だけでもしに来て欲しい、というか、試奏しないのはある意味もったいないくらいのヴァイオリンたちです。

少しでも気になったのであれば、一度お電話でお問合せしてくださいねっ!

 

試奏をご希望の方は下記の電話番号まで♪
03-3557-7480

フェルマータ工房

 

 

Seisuke Kawamura

ストラドモデル 800,000円(税抜)

SeisukeKawamura2014

↑画像をクリックすると詳細ページが開きます

 

 

Seisuke Kawamura

ガルネリモデル 800,000円(税抜)

SeisukeKawamura2018

↑画像をクリックすると詳細ページが開きます

 

 

 

 

 

 

どんどん参りましょう!

 

本日ご紹介するヴァイオリンは、Anton Prellのaのデラックスセットアップです!!!

SoundScapeをいつもご利用、ご覧いただいている方は、既にご存知かも知れませんが、このアントン・プレルはぜぇ〜ったいに見逃せない1挺なんです。

 

では写真を。

 

 

 

見て何か気づくことはありませんか?

 

 

そうなんです、テールピースと顎当てが超豪華なのにお気づきなりましたでしょうか。

炎のように燃える杢が入っているのがお分かりになると思います。

 

 

ペグにもご覧の通り。

とっても贅沢な仕様です✨

 

 

 

このAnton Prell aにセットされているフィッテイングは、ドイツの最高級フィッティング専門メーカ「Otto Tempel」。

オットーテンペル工房は1928年の創業から、フィッテングだけを専門に作り続けている老舗メーカです。

楽器の響きを最大限に引き出すため、選び抜かれた最高品質の材料のみを使い、熟練の職人たちの手によって現在も作り出されているフィッティングは、全世界の一流弦楽器メーカや工房からも厚い信頼が寄せられています。

オールドの名器や著名なモダン楽器には、これら一流メーカのフィッティングが欠かせないのです。

 

今回使用したフィッテングは、ペグ(4本)、テールピース、エンドピンと顎当てのセットで約10万円ほどもする最高級品。

通常のAnton Prell aでは再現されることがなかった、音の深みやパワーがハッキリと感じられる仕上がりとなりました。

 

工房の職人も「Otto Tempelのフィッテングをセットできるなんて!」と気合い入りまくりでした。笑

そのモチベーションのままに、駒(もちろんオーベルト社のデラックス駒)や魂柱もセットアップしてくれていますから、音には自信があります!

 

 

一度、試奏にお越しください🎶

フィッテイングでこんなにも音が変わるとは思いませんでしたし、Anton Prellの秘められた実力を感じることが出来ました。

この経験を、皆さんにも感じていただきたいですね〜。

 

通常使用のaは定価23万円ですので、このテンペルのフィッティング10万円で、既に30万円を超える価値があります。

それが2019年8月キャンペーン中は、お値段そのままの23万円(税抜)でお届けさせていただきます!!

 

こんな機会はめったにありません!

20万円台のヴァイオリンをお探しの方は、このチャンスを逃さないでくださいね!!

 

 

商品詳細はコチラをクリック

SoundScape

↑SoundScapeの商品ページが開きます

 

 

お店はこちら

フェルマータ工房

 

 

 

スタジオで試奏をご希望の方は下記の電話番号まで♪
03-3557-7480

弊社の夏季休業も終わり、SoundScapeとフェルマータ工房・スタジオは通常営業に戻りました。

今後も皆さんのご利用をお待ちしております!

 

今日は弊社スタッフが自信を持ってお勧めするヴァイオリンたちをご紹介します。

 

まずはスタートアップに最適な約10万円のヴァイオリンです。

 

 

GEWA ANTIK 定価100,000円 (税抜) → 販売90,000円 (税抜)

 

 

 

 

 

(写真をクリックするとSoundScape商品ページが開きます)

 

 

 

GEWAアンティークシリーズの兇帰ってきました!

大人気商品だったこともあり、長らく在庫切れ・欠品の状態が続いていましたが、ようやく再入荷しました♪

以前の兇箸肋し姿が変わり、ニス仕上げが上位モデルのアンティーク気剖瓩なりましたね。

 

しかも、裏板は豪華な1枚板!!!

上記のリンクから裏板の写真を確認できますので、ぜひ確認しに行ってください。

10万円台だからと侮ることなかれ、温かく力強い音が響いてくれます。

 

海外で活躍するソリストさんは「この値段でこの音は買いだね。」と、帰国中に2回も来店して試奏をしてしまうほどです。

弊社をいつもご利用いただいている先生も「3/4からのサイズアップに最適かも!!これなら学校へ持っていくのも安心だし。」と太鼓判です。

 

 

ヒミツは、セットアップ。

 

実はこの楽器は、魂柱と駒、さらには30,000円もするPeykov社のフィッティングへアップグレードされているんです。

駒はオーベルト社のデラックス駒へ、その駒に最適なセッティングとなるように魂柱も職人の手で交換されています。

 

フィッティングパーツはセットヴァイオリンでよく見られる黒檀から柘植材へ。

重さは約15gも軽くなり、音の抜けが抜群に上がりました!

 

 

そして、このGEWA ANTIK兇砲魯侫ッテイングを選べるように2タイプご用意しています。

 

それがローズウッド仕様のこちら。

(写真をクリックするとSoundScapeの商品ページが開きます)

 

 

 

 

こちらも駒・魂柱とフィッティングを交換しています。

柘植材と比べて、、、と、ここで音などについて書いてしまうと先入観が入ってしまうと思いますので、ぜひ来店をしてこの2挺を弾き比べてみてください!

 

もちろん、金額は同じく90,000円(税抜)です!

購入するなら消費税が増税される前に、ですよ。

 

アップグレードされたANTIK兇硫賛Г鮹討比べに来てください。

スタッフ一同お待ちしています!

 

次回は入荷情報その△任后

お楽しみに〜

 

 

お店のある場所はここ♫

 

 

スタジオで試奏をご希望の方は下記の電話番号まで♪
03-3557-7480

「ウィンターセール品紹介ブログ」第六弾

 

セールもそろそろラストスパート✨

お得なお品物の買い逃しが無いよう、本日も気合を入れてご紹介させて頂きます。

今回はバイオリン「Pierre Marcel 」です!

 

定価¥313,200 → セール価格¥250,560 約20%off‼

 

ベルギーにて居を構えている今注目の弦楽器工房「アンリ・デリル」によって生み出された良質なブランド、「ピエール・マルセル」のバイオリンです。


暖かみのあるオレンジブラウンのニスをベースに、アンティーキングと呼ばれる、趣のある経年加工が施されております。
裏板は二枚板で、控えめで品のある美しい杢が特徴です。

 

音色が気になる方は、商品紹介ページにスタッフによる試奏動画がございますので、そちらをご覧下さい。

耳馴染みの良い暖かな音色、クリアで伸びやかな高音域の響きが大変魅力的です。

また、弊社併設スタジオにて、お客様ご自身で試奏を行いご検討頂くことも可能です。

ぜひお気軽にお問合せ下さい。


フルサイズへとサイズアップをなさるお子様や、初心者の方のステップアップモデルとして非常にお勧めです。

現在、定価より60,000円程お安くなっております。

この機にぜひご検討下さい🎶

「ウィンターセール品紹介ブログ」第五弾

 

今まではケースやチューナーなどの小物類でしたので、楽器もご紹介させて頂きます。

今回はバイオリン「Kohji Yamamoto」です!

 

定価¥648,000 → セール価格¥540,000 約17%off‼

 

埼玉県大宮市にて弦楽器工房を構える山本耕司氏の作品です。

現在、都内の弦楽器製作学校「代官山音楽院」でも講師として教鞭を取っています。

 

華やかなオレンジ色のニスや全体のディテールから、近代イタリアンスタイルへの深い敬意が感じられます。

細部の細工なども美しく、確かな木工技術と音色の品質を兼ね備えた、モノづくり日本の魂を感じさせる素晴らしい一品です。

 

音色が気になる方は、商品紹介ページにスタッフによる試奏動画がございますので、そちらをご覧下さい。

豊かな倍音の鳴り、新作イタリアンに良く似た輝かしい高音域、そして全弦を通してクリアで華やかな音色を持っているのが感じられるかと思います。 

また、弊社併設スタジオにて、お客様ご自身で試奏を行いご検討頂くことも可能です。

ぜひお気軽にお問合せ下さい。

 

フルサイズへとサイズアップをなさるお子様は勿論、アマチュアやプロの方など、更にハイクラスな楽器をお探しのお客様にもお勧めの逸品です。 

現在、定価より110,000円近くお安くなっておりますので、是非一度ご検討下さい🎶

 

 

それでは、本日もご覧頂きまして誠にありがとうございました。
皆さま良い一日をお過ごし下さい。

昨年も出来たてホヤホヤのヴァイオリンを持参してくれたカミレッティ氏が、今年もやってきてくれました。

今回も彼によるストラドモデルヴァイオリンが4本入りのケースに入っていましたが、2017年の新作楽器は既に売約済みということで残念です。

でもそれだけ人気があるってことなんですね。

 

 

 

 

 

さて、今回もご本人の楽器の他に、モダンイタリー(トリノ、ナポリとブレシア)やフレンチBowやドイツBowを携えてやってきてくれました。

それぞれを弾かせてもらいましたが、それぞれに素晴らしい音色がしていました。

勿論、彼にも弊社の楽器を見てもらったり、色々な情報交換が出来たのではないかと思います。

 

職人同士で楽器について話すのは、新たな視点や発見があって非常に有意義な時間です。

とても貴重な時間が持てたことに感謝感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

カミレッティ作のヴァイオリンは2016年のガルネリモデルが弊社にございます。

試奏できますので、ぜひご来店くださいね。

 

 

詳細はSoundScapeの商品ページからどうぞ。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Alessandro Camilletti 2016年 ガルネリモデル

 

 

 

 

 


 

 

 

G.W.が終わり、SoundScapeならびにフェルマータ工房は通常営業に戻っています。

夏日の日が出てきたり、いよいよあの季節の足音が聞こえてきてしまいましたねぇ。

 

新緑も素敵ですが、新入荷商品も是非チェックしてくださいっ。

今日はドイツのヴァイオリンをご紹介します。

お馴染みな感じもしますが、WurmerとSemmlingerから3挺をPick Upしてみました。

 

 

Ludwig Wurmer(ルートヴィヒ・ヴルマー) #5 ヴァイオリン

 

 

販売価格 225,000円+Tax

 

 

詳細ページは→ SoundScape商品ページ

 

 

しなやかに音が出てくるさまは、女性的です。

パワーに若干の物足りなさを感じますが、それでも低音は豊かに鳴ってくれるので安心できますね。

プレス材ではきれいな倍音は望めませんし、強度を保つため分厚く作られた楽器は息が詰まる感じがしてしまいます。

中国製の入門モデルの場合、弦に巻かれた金属部分がただ鳴っているだけというものも多くありますが、20万円前半でこれだけしっかりとしたヴァイオリンの音が出てくれたら、はじめの1台には最適だと思いますよ。

もちろん中国製からのステップアップにも最適です。

 

 

 

Lother Semmlinger(ローター・ゼムリンガー) ヴァイオリン #702

 

 

販売価格 240,000円+Tax

 

詳細ページは→ SoundScape商品ページ

 

 

ヴルマーとは対照的に、芯の通った硬質でカチッとした音が出てきます。

オブリガート弦でこの音色。男っぽい感じのするヴァイオリンだなと感じました。

黒縁眼鏡をかけた学ラン姿の生徒会長、という言葉がしっくりきます。

ばらつきがなく本当に均整のとれた音が、低音から高音までバランスよく響いてくれました。

癖のある楽器が好きなプレーヤーさんには、ちょっと楽しめないかも知れません。

 

 

 

 

Ludwig Wurmer(ルートヴィヒ・ヴルマー) #7 ヴァイオリン

 

販売価格 405,000円+Tax

 

詳細ページは→ SoundScape商品ページ

 

ヴルマーの上位モデルである#7。

#5との違いは1枚板を使用しているところですね。

明らかに先出の2台とは音色や音質が違うのが判ります。

豊かで伸びのある高音、たっぷりと楽器が振動しているのが判る低音、ヴォリュームも十分で倍音も多く聞こえてきます。

ヴルマーの特徴なんでしょうか、こちらの個体も女性っぽい感じの音色が印象的でした。

クライスラーなどの小曲をたっぷりと弾いてあげたい気分になりますね。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

今回はドイツの工房の楽器を特集してみましたが、他にも続々と入荷してきています。

全てBlog更新現在のお値段です。価格の変動がありますので興味のある方はお早めに。

紹介したヴァイオリンは全て試奏が行えます。

希望される場合は、下記の電話番号、もしくはSoundScapeのお問い合わせフォームからどうぞ。

 

電話 0335577480

SoundScape お問い合わせフォーム ←こちらをクリックするとフォームが開きます

 

 

 

3月のセールに向けて、バイオリンとチェロが入荷しております。

 

■ Lothar Semmlinger バイオリン #702

 

駒も魂柱も立っていません。これからセットアップを当社工房で行います。

ちなみに、上ナットの溝も切られていないのです。

 

Lothar Semmlinger バイオリン #702

 

 

■ Lothar Semmlinger チェロ #131

 

バイオリン同様、駒も魂柱も立っていません。これからセットアップを当社工房で行います。

もちろん、チェロも上ナットの溝も切られていないのです。

 

Lothar Semmlinger チェロ #131

 

■ Ludwig Wurmer チェロ #1

 

バイオリンでは知っている方は多いのではないでしょうか。

しかし、チェロでの認知度が低いため、ドイツ製のチェロとしては安価な設定となっています。

 

Ludwig Wurmer チェロ #1

 

その他、バイオリンなど入荷してきております。

当社ウェブストアに掲載ない楽器など、気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

昨日から弦楽器フェアがスタートしました。

今週末まで九段下で開催中です。

お近くの方はもちろんこの機会に是非足を運んでみて下さいね。

 

 

今日はまたまたヴァイオリンの紹介です。

ラベルド楽器ですが、良い音がしますよー!

 

ではまず写真から。

 

 

Alfred Contino Labeled ヴァイオリン

 

 

商品詳細はコチラ → SoundScape Alfred Contino Labeled Violin

 

 

弊社工房に入室してきたときには、風邪をこじらせていたこのヴァイオリン。

基本である駒・魂柱交換に加えて、表板をオープンしバスバーを交換しています。

 

バスバーは普段見ることがない縁の下の力持ちですが、弦と駒の力を常に受けているので定期的に(何十年単位ですが)交換が必要です。

このバイオリンのバスバーはへたっていたので、張りと弾力のある新しいバスバーになったことで音にも力が蘇りました。

 

また、割れがそのままの状態だったので、清掃と接着をおこないパッチを貼り補強しています。

オープンしたからこそ出来る修理ですね。

これでまた何十年は元気な音を奏でてくれることでしょう。

 

 

 

 

最初に風邪と書きましたが、風邪も放っておくと症状が悪化し肺炎などを誘発してしまいます。

ヴァイオリンも一緒で、直ぐには影響が出なくてもそのままにしておくと、高額な修理(治療)費が掛かってしまうものです。

 

季節は秋から冬へ乾燥の度合いも日に日に増していきます。

大切な愛器ですので、普段からのお手入れと定期検診が肝心ですよ。

フェルマータ工房は点検無料です。

お客様の要望・予算にあわせて修理・調整内容を相談させていただきます。

一度お問い合わせやご来店下さい。

 

 

 

 

閑話休題

 

 

Continoラベルのヴァイオリンですが、音はというと乾燥が進んだ良い音がしてきます。

バスバー交換のお陰で、以前よりも活力ある音になっていますし、無理せずスッと音が出てくる印象です。

 

50万円以下で楽器を探している方には、一度この楽器を弾いて欲しいです。

新作の工場ものよりも、ずっと心地よい音色を楽しんでいただけると思います。

 

こちらも併せて試奏のお問い合わせやご予約をお待ちしています♪

では、素敵な週末をお過ごし下さい!

科学技術館で開催中の弦楽器フェアにも足を運んでみて下さいね!

 

 

ヴァイオリン工房フェルマータ

電話 0335577480

SoundScape お問い合わせフォームはコチラから

 

 

引き続き分数楽器が充実しているフェルマータですが、4/4フルサイズのヴァイオリンセットも複数ご用意できました。

これからヴァイオリンを始めてみようかな?と思っているアナタや、長年閉まっておいた楽器を調整見積もりしたが、10万円を超えるような修理が必要と言われてしまった方に、是非検討して欲しいセットです。

 

 

Stradivarius Label ヴァイオリンセット その1

 

 

商品詳細は→ SoundScape Stradivarius label バイオリンセット

 

フィッテイングは新品のボックスウッド(ツゲ材)に変更し、弦・魂柱・駒も交換しています。

しかも、そこに新品ケースと弓まで付いて、税込みで10万を切る破格のセットです!

 

 

 

 

Stradivarius Label ヴァイオリンセット その2

 

 

商品詳細は→ SoundScape Stradivarius label バイオリンセット

 

 

フィッテイングは新品のボックスウッド(ツゲ材)に変更し、弦・魂柱・駒も交換しています。

しかも、そこに新品ケースと弓まで付いて、こちらは更に税込みで9万を切る破格のセットでご提供が可能です!

 

 

 

今回紹介しているヴァイオリンは、共に1990年代に製作されたチェコ製です。

実は、東欧は現代コンテンポラリーで活躍する製作家も多く輩出している地域で、品質にも定評があります。

そんな訳で20年経っていますが状態は良く、定価10万を超えるアジア産バイオリンセットと比べても遜色のない、むしろこちらの方がと思えるアウトフィットです。

 

これからヴァイオリンを始めたい、レッスンが続くか判らないからとりあえず安く抑えたい、音楽教室用のレンタル楽器を探しているなどなど、価格も安く状態も良いコストパフォーマンスに優れたセットを探している方にパワープッシュしたいOutfitです!!

 

 

購入希望や現物を見たい・試奏したいという方は下記からご連絡ください。

皆様のご来店を、心よりお待ちしています。

 

 

ヴァイオリン工房フェルマータ

電話 0335577480

 

SoundScape お問い合わせフォームはコチラから