猛暑日が連日続くようなことがなくなって、何となくですが夏の終わりと秋の始まりを感じるような時期になってきました。

皆さん夏バテしていませんか?

残りの8月も元気に乗り切りたいですね。

 

 

今回のヴァイオリン入荷情報は、ステップアップを考えている方に最適のヴァイオリンです!

 

いま所有している楽器も良いんだけど、

1.もう少し音量やパワーが欲しい

2.細かなニュアンスを音色で表現したい

3.より速いパッセージにも反応良く楽器に応えて欲しい

4.工場で作られた楽器ではなくて、手工品のヴァイオリンを手にしてみたい

 

こんなお望みはありませんか?

 

 

これらを一気に解決してくれる楽器がこちらの2挺です。

 

 

ストラドモデル

 

 

 

 

ガルネリモデル

 

 

 

この2挺は共に一人の日本人制作家の手によって作られました。

その製作家さんは、河村盛介さんです。

 

河村盛介さんのHP

 

 

河村さんは、弊社でも販売実績がある人気の製作家のひとりです。

アンティークフィニッシュに仕上げられた、彼のストラド、ガルネリモデルからは、使い込まれたオールド楽器のような豊かな音が溢れてきます。

 

弊社をご利用いただいている、スタジオミュージシャンと大手レコード会社アーティストのバックを務める演奏家さんは「スタジオ録音でもコンサートホールでも使える、癖がないオールラウンドなヴァイオリンだね!」と大絶賛でした。店頭では物足りなかったようで、弊社スタジオで試奏をし、ミニコンサートで使用したいとお願いされるほど、この楽器に惚れ込んでいました。

 

私も、新作の楽器でここまで豊かに反応良く鳴る楽器は希少だと感じました。

各楽器共に、アーチやニスの再現がとても素晴らしく、持っているだけでも嬉しくなっちゃうヴァイオリンです。

 

 

さらに、

 

このどちらかの楽器(それはヒミツ)は、今年の5月に大阪と池袋で開催された展示会に出品されている楽器なのです。

ご縁があって、この貴重なヴァイオリンを弊社でお取り扱いさせていただけることになりました。

 

大阪は「関西弦楽器製作家協会」の第11回展示会、池袋は「日本バイオリン製作研究会」の展示会に出品されました。

菊田さんのブログでも紹介されていますが、この展示された河村さんの楽器は、池袋の展示会で開催された試奏コンサートで聴衆賞第2位(1位は菊田さん)を受賞されているのです。

河村さんの楽器が素晴らしい音色を備えていることが分かりますね。

勿論、購入の場合には本人の製作証明書が付きますので安心です。

 

 

気になってきた方のために、以下にSoundScape商品ページのリンクを貼りますのでチェックしてください!!

試奏だけでもしに来て欲しい、というか、試奏しないのはある意味もったいないくらいのヴァイオリンたちです。

少しでも気になったのであれば、一度お電話でお問合せしてくださいねっ!

 

試奏をご希望の方は下記の電話番号まで♪
03-3557-7480

フェルマータ工房

 

 

Seisuke Kawamura

ストラドモデル 800,000円(税抜)

SeisukeKawamura2014

↑画像をクリックすると詳細ページが開きます

 

 

Seisuke Kawamura

ガルネリモデル 800,000円(税抜)

SeisukeKawamura2018

↑画像をクリックすると詳細ページが開きます

 

 

 

 

 

 

東京佼成ウインドオーケストラ第145回定期演奏会

 

2019.10.5(土)東京芸術劇場コンサートホール

 

★J.S.バッハ / D.ハンスバーガー 編

前奏曲とフーガ 変ホ長調「聖アン」BWV552


★J.S.バッハ /P.グレインジャー 編

楽しい鐘の音「狩のカンタータ」BWV208より「羊は安らかに草を食み」


★J.S.バッハ /伊藤康英 編

ウィンド・アンサンブルのためのシャコンヌ


★酒井健治

デチューン

 

★高 昌帥

吹奏楽のための協奏曲

 

13:00開場 14:00開演

 

指揮:大井剛史

出演:東京佼成ウインドオーケストラ

チケット:【S席】¥6,000 【A席】¥4,500 【B席】¥3,500 【C席】¥1,500 ※全席指定・税込 

予約:●東京佼成ウインドオーケストラ チケットサービス(土日祝を除く9:30〜16:30) 0120-692-556 

●チケットぴあ(Pコード:146-340)0570-02-9999

ローソンチケット(Lコード:34178)0570-084-003 

●イープラスhttp://eplus.jp

どんどん参りましょう!

 

本日ご紹介するヴァイオリンは、Anton Prellのaのデラックスセットアップです!!!

SoundScapeをいつもご利用、ご覧いただいている方は、既にご存知かも知れませんが、このアントン・プレルはぜぇ〜ったいに見逃せない1挺なんです。

 

では写真を。

 

 

 

見て何か気づくことはありませんか?

 

 

そうなんです、テールピースと顎当てが超豪華なのにお気づきなりましたでしょうか。

炎のように燃える杢が入っているのがお分かりになると思います。

 

 

ペグにもご覧の通り。

とっても贅沢な仕様です✨

 

 

 

このAnton Prell aにセットされているフィッテイングは、ドイツの最高級フィッティング専門メーカ「Otto Tempel」。

オットーテンペル工房は1928年の創業から、フィッテングだけを専門に作り続けている老舗メーカです。

楽器の響きを最大限に引き出すため、選び抜かれた最高品質の材料のみを使い、熟練の職人たちの手によって現在も作り出されているフィッティングは、全世界の一流弦楽器メーカや工房からも厚い信頼が寄せられています。

オールドの名器や著名なモダン楽器には、これら一流メーカのフィッティングが欠かせないのです。

 

今回使用したフィッテングは、ペグ(4本)、テールピース、エンドピンと顎当てのセットで約10万円ほどもする最高級品。

通常のAnton Prell aでは再現されることがなかった、音の深みやパワーがハッキリと感じられる仕上がりとなりました。

 

工房の職人も「Otto Tempelのフィッテングをセットできるなんて!」と気合い入りまくりでした。笑

そのモチベーションのままに、駒(もちろんオーベルト社のデラックス駒)や魂柱もセットアップしてくれていますから、音には自信があります!

 

 

一度、試奏にお越しください🎶

フィッテイングでこんなにも音が変わるとは思いませんでしたし、Anton Prellの秘められた実力を感じることが出来ました。

この経験を、皆さんにも感じていただきたいですね〜。

 

通常使用のaは定価23万円ですので、このテンペルのフィッティング10万円で、既に30万円を超える価値があります。

それが2019年8月キャンペーン中は、お値段そのままの23万円(税抜)でお届けさせていただきます!!

 

こんな機会はめったにありません!

20万円台のヴァイオリンをお探しの方は、このチャンスを逃さないでくださいね!!

 

 

商品詳細はコチラをクリック

SoundScape

↑SoundScapeの商品ページが開きます

 

 

お店はこちら

フェルマータ工房

 

 

 

スタジオで試奏をご希望の方は下記の電話番号まで♪
03-3557-7480