工房だより第9回目です。

 

8月が終わって9月に入りました。

ようやく過ごしやすい気温になってきたような感じがしますね。

これからは秋の演奏会シーズンに向けて、また楽器たちに頑張ってもらいましょう。

 

 

さて、ケースに入れているとはいえ、夏の外出・移動では楽器に負担がかかってしまうものです。

エアコンの効いた建物内から、ムッとする屋外へ出て、また快適な電車・バス内を経由して建物の中へ。

寒暖差で人間も疲れてしまうのですから、楽器だって疲れてきてしまうだろうことは想像できると思います。

 

 

もし反応やパワーが少しなくなってしまったなぁと感じる方は、一度お近くの工房やお店へ楽器を持って行ってみましょう。

魂柱や駒に起因する場合や、弦や弓の毛を交換すれば解消する場合もあります。

ひとりではなかなか判断しづらい部分ですので、職人さんや専門のスタッフに定期的に楽器を診てもらうことは非常に有効だと思います。

 

 

今回紹介する楽器は駒とその周辺に原因がありました。

では、その一部をご覧いただきましょう。

 

症状としては、反応が鈍くなってしまったことと、音色が淡泊になってしまったのを解消したいということでした。

まず楽器全体をチェックです。

 

弦は同じ銘柄のものを換えたばかりですし、弓の毛替えも数カ月以内にされているということでした。

弦を換えてたのに、以前のような音じゃなくなってしまったことを心配されていました。

魂柱や駒位置なども規定範囲内ですし、原因として考えられるのが駒とその周りの松脂なのでないかということで、一度弦を外してクリーニングをしてみることになりました。

 

弦を外すと、エンドピン穴から中をチェックできるのですが、魂柱が大きく動いたりしている形跡は見られませんでした。

駒を外しても魂柱は倒れませんでしたし、魂柱が原因とは考えにくいですね。

 

さて、取り外した駒がコチラ。

 

 

良材を使った綺麗な駒です。

側面(2枚目)を見ると、グレーの汚れが駒にまとわりついているのが分かると思います。

1枚目も角度を変えてみると、結構積もっているのが判ります。

指でつまんでいるのですが、ちょっとべっとりしました。

 

長年の使用で松脂が段々と固着してきたのでしょう。

ある時点までは問題なく、駒が駒としてのパフォーマンスを発揮してきてくれたけれど、「これ以上は無理っ!」というところからは、駒が振動を楽器本体に充分に伝えられなくなってしまったんだと思います。

 

人間でいうと脂肪みたいなものですね。

脂肪がつきすぎると運動能力に影響してしまうように、駒も余分な重さが加わるとそのパフォーマンスは落ちてしまいます。

 

前回の毛替えが終わってしばらくした頃から、何かおかしいなぁと感じるようになったそうで、8月の本番前に弦を換えて改善はしたものの、やっぱり違うということでした。

 

ここからは推測ですが、毛替え後は松脂をしっかり塗るので、そのときの松脂の粉が駒やボディに付き、それが夏の暑さで溶けては固まりを繰り返したために、その限界線を越えてしまったのではないかと想像します。

 

 

 

という訳で、クリーニング後がこんな感じです。

木材の繊維や年輪、放射組織なども見えるようになりました。

表板の松脂汚れも、もちろん取り除きました。

 

 

Setupし直して、楽器を弾いてもらいます。

 

 

結果は見事に解消されて、以前のような音と力強さが戻ってきてくれました。

反応スピードも元に戻って、ストレスなく演奏できるようです。

 

意外だったのは、一度弦を外してテンションを取り除いたことで、楽器がリフレッシュされたことです。

クリーニングをしているので、確かに音や反応スピードなどは変わっているのですが、言葉では言い表せない”深みや若々しいハリ”のようなものが新たに生まれた(正確には戻ってきた)のを、私も所有者も感じました。

 

 

 

少し長くなってきてしまいましたが、日々の練習やメンテナンスも大事ですが、楽器もいちどリフレッシュさせてあげるのも大切なのかも知れませんね。

弦を全て外すのは駒が倒れてしまうので、職人や専門のスタッフにお願いしてください。

 

弊社フェルマータ工房なら楽器のリフレッシュも簡単です。

毛替えのついでに、クリーニングや楽器のリフレッシュをご用命ください。

 

 

スタッフ一同お待ちしております!

 

 

 

無料点検や毛替え・調整のご予約は下記の電話番号まで♪
03-3557-7480

【☆ 6月のキーワード ☆】「Joachim」

 

ドライフォルテ
 6月のプレゼント商品は、抽選で「湿度調整剤 ドライフォルテ バラ1個」を抽選で10名様にプレゼント!

たくさんのご応募ありがとうございました。

※ 当選者発表が遅くなりまして誠に申し訳ございません。


プレゼントに当選された計10名様おめでとうございます。
 
当選者の方は以下となります。


京都府 堀田 様

東京都 冨樫 様

埼玉県 中村 様

東京都 柘植 様

茨城県 小口 様

三重県 佐藤 様

神奈川県 小倉 様

兵庫県 高木 様

東京都 平田 様

京都府 伊藤 様


本日、DM便で発送いたします。到着まで3〜4日お待ちください。



いつも、【SoundScape】をご覧いただき誠にありがとうございます。
今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


弦楽器専門店「SoundScape」 運営:北里楽器株式会社

猛暑日が連日続くようなことがなくなって、何となくですが夏の終わりと秋の始まりを感じるような時期になってきました。

皆さん夏バテしていませんか?

残りの8月も元気に乗り切りたいですね。

 

 

今回のヴァイオリン入荷情報は、ステップアップを考えている方に最適のヴァイオリンです!

 

いま所有している楽器も良いんだけど、

1.もう少し音量やパワーが欲しい

2.細かなニュアンスを音色で表現したい

3.より速いパッセージにも反応良く楽器に応えて欲しい

4.工場で作られた楽器ではなくて、手工品のヴァイオリンを手にしてみたい

 

こんなお望みはありませんか?

 

 

これらを一気に解決してくれる楽器がこちらの2挺です。

 

 

ストラドモデル

 

 

 

 

ガルネリモデル

 

 

 

この2挺は共に一人の日本人制作家の手によって作られました。

その製作家さんは、河村盛介さんです。

 

河村盛介さんのHP

 

 

河村さんは、弊社でも販売実績がある人気の製作家のひとりです。

アンティークフィニッシュに仕上げられた、彼のストラド、ガルネリモデルからは、使い込まれたオールド楽器のような豊かな音が溢れてきます。

 

弊社をご利用いただいている、スタジオミュージシャンと大手レコード会社アーティストのバックを務める演奏家さんは「スタジオ録音でもコンサートホールでも使える、癖がないオールラウンドなヴァイオリンだね!」と大絶賛でした。店頭では物足りなかったようで、弊社スタジオで試奏をし、ミニコンサートで使用したいとお願いされるほど、この楽器に惚れ込んでいました。

 

私も、新作の楽器でここまで豊かに反応良く鳴る楽器は希少だと感じました。

各楽器共に、アーチやニスの再現がとても素晴らしく、持っているだけでも嬉しくなっちゃうヴァイオリンです。

 

 

さらに、

 

このどちらかの楽器(それはヒミツ)は、今年の5月に大阪と池袋で開催された展示会に出品されている楽器なのです。

ご縁があって、この貴重なヴァイオリンを弊社でお取り扱いさせていただけることになりました。

 

大阪は「関西弦楽器製作家協会」の第11回展示会、池袋は「日本バイオリン製作研究会」の展示会に出品されました。

菊田さんのブログでも紹介されていますが、この展示された河村さんの楽器は、池袋の展示会で開催された試奏コンサートで聴衆賞第2位(1位は菊田さん)を受賞されているのです。

河村さんの楽器が素晴らしい音色を備えていることが分かりますね。

勿論、購入の場合には本人の製作証明書が付きますので安心です。

 

 

気になってきた方のために、以下にSoundScape商品ページのリンクを貼りますのでチェックしてください!!

試奏だけでもしに来て欲しい、というか、試奏しないのはある意味もったいないくらいのヴァイオリンたちです。

少しでも気になったのであれば、一度お電話でお問合せしてくださいねっ!

 

試奏をご希望の方は下記の電話番号まで♪
03-3557-7480

フェルマータ工房

 

 

Seisuke Kawamura

ストラドモデル 800,000円(税抜)

SeisukeKawamura2014

↑画像をクリックすると詳細ページが開きます

 

 

Seisuke Kawamura

ガルネリモデル 800,000円(税抜)

SeisukeKawamura2018

↑画像をクリックすると詳細ページが開きます